スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

昔のビジュアル系

昔ビジュアル系バンドをやっていた人の詐欺事件(元カラーのトミー)をきっかけにここ最近本当か嘘か不明の昔語りがネット上でされていて、思わず読みふけっちゃう日々でした。(検索引っかかりたくないのであえてカタカナで書いてます)

私自身はビジュアル系世代の少し上なのと、音楽嗜好がちょいと違かったので、ライブ自体はあまり行った事がなく、あくまで音楽雑誌やラジオ等のメディアで得た知識だけでその世界を楽しんでた。

傍から見ててもビジュアル系バブルの様相は楽しかったんだもの。私が大学に入った頃、「FOOL'S MATE」がA4版になると同時に、それまでの「洋楽中心NEWWAVE&インディーズ系音楽雑誌」から「ビジュアル系バンド中心の音楽雑誌」に変貌を遂げたのがその始まりだったような。(それ以前はビジュアル系雑誌なんて一冊もなかった)東のX(→エクスタシー系)、西のカラー(→フリーウィル系)と並び称されて華々しい武勇伝が音楽雑誌に載っているのを楽しく読んでいた・・・私は少々精神年齢低めだったのかもな(だからこそビジュアル系バブルを楽しめたんだろうか)。私と同世代の人は、テクノ系(電気グルーブデビュー)、渋谷系(フリッパーズギターデビュー)、おマンチェムーブメント、等を楽しんでいた時代です。1989年~。

ちなみにDEAD ENDやバクチクはビジュアル系発祥以前からいたバンドで、ビジュアル系バブルとは無縁の印象。

私はそういったメディアだけでビジュアル系界を楽しんでいたわけだが、当時、ネットがない時代は現場(ライブ)に行く人と行かない人で得られる情報の差が大きかったと思う。ライブのセトリだって、はたまたバンドの解散や休止の情報だって、数ヵ月後の雑誌発売を待つしかないのだよ。ネットどころかメールも携帯電話もない時代の話。

で、当時ライブに行ってなかった私には、今、本当か嘘か不明のネタばらしがなかなかに興味深い。針小棒大なネタが多いとは思いつつもね・・・

興味深い、などと懐深そうな!?感想を書いてみたけど、ああ、傍観者で良かった、の一言に尽きるくらいエグイ話が満載なんですけど・・・。

ラルクは無縁そうで?良かった・・。なー。
スポンサーサイト
20:25 | 日記 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
土曜昼下がり | top | アニソンを語らせてくれー

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/508-7faf8185
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。