スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

チケット料金について

まだFC内情報なのでおおっぴらには書けないのですが、今回のラルクホールツアーのチケット料金に思うこと。

私はこれ位の設定でいいんじゃ、って思ってます。

それは、まず、それが経済原理が働いた時の価格かなーと思うから。
私はチケットに関しては聖人君子系ではありませんが、ここ昨今のラルク関連チケットについてのチケットゲッターの横行やヤフオクでの高騰は不健全だなあ、と思っていた。一部のチケットだけがそこに流れるのなら許容範囲かなあと思うのだけれど、そういった市場に出回るチケットの割り合いが多すぎる。チケットの実際の価格と、市場でつけられる価格が乖離しているからそういった現象が起きる訳で。今回くらいの価格設定が市場でつけられる価格に比較的近いのではないかなあ、と。(券種があるのも市場価格に近づける意味ではいいかなあ、と)

もう一つは、これで一球入魂の申し込みになるんじゃないか、ということ。
遠征していくつも回ろうとか、保険をかけておこうという気持ちは私の中にもあるが、それで、落選する人がいる反面チケットがだぶついているところがある、というのは本来望ましい姿ではないよね。本当に欲しいものだけを申し込み、買える、という流れになっていけばいいな、と。

そして、今、ラルクがホールツアーをする、というのは、それくらい歪なことなんだ、って事。
コンサートツアーが利益を生まない(コンサートは損がでても販売促進の為に行われるもの)グッズの売り上げでようやく補填される位、というのは最近浸透してきた知識だと思うけれど、今回のように収容人数が少ないホールを1日公演だけで回るのは特に損失が増えるんじゃないかなあ。ライブで利益が出るのは一箇所に大勢を集めて(グラクロみたいに設営費用がかかるライブはまた別よ)複数回数やること、って聞いたことがある。毎回セット(ホールだからライブハウスと違って照明器具の持ち込みもあるよね)を作って、ばらして、移動して、の大変さと、ラルクのキャリア的にそのセットや照明機材のレベルを落とす訳にもいかない、という事情、そして、メンバースタッフ含め、人件費もかかるんだろうな・・(ホールクラスのアーティストと同じ人件費というわけには行かないだろう・・)
それでも敢えてホールツアーをする、その代わりそれ相応の値段になる、ってことで・・・


と、ラルク側を擁護することだけとりあえず書いてみました。確かに若年層には優しくないお値段だよね・・
一球入魂の一枚をみんなができるだけ平等にゲットできるチケット販売になりますように。

スポンサーサイト
23:08 | ラルク | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今年最後の世迷いごと | top | ラルクホールツアーチケット申し込み

Thank you for your comments!

#
結論から言うと高いんですね?(笑)
ま、ラルクの㊥に「安い」ってワードはまずないですから
覚悟はできてます。

CDTVで「お金がかかるアーティスト」とかで投票受け付けたらラルクは絶対上位狙えますよね。
一位は倖田さんかもですが。。。
あ、倖田さんのファンも軽くやってます。

命がけでチケ取らないと、、、。
では。
by: はるさめ | 2006/12/28 23:58 | URL [編集] | page top↑
#
こんにちは!
あなたの投票も参考にさせていただいた『L'Anniversary Live another side in HEAVEN'S DRIVE 2006』が完成しました。
ホントにご協力ありがとうございました。お時間よろしければ見てみてくださいね。
これからもよろしくお願いします。
by: 悠々自適 | 2006/12/29 17:27 | URL [編集] | page top↑
#
>>はるさめさん
そうです、結論から言うとお高めです。笑。
倖田さんもお好きなんですね。私も結構好きです。
彼女の場合、ファンがまだオルグされてないから、ラルクほど「金を使わされる」感がないかも・・・
ラルクの場合、どういう内容であろうと価格設定であろうと金を出す層ができていて(いわゆる固定ファンってやつ)、ラルク側もそれを見越してリリースしてくる・・・みたいな感がありますよね。うーむ、難しいところです。

とりあえず、チケットゲットは地方はともかく都市圏は苦労しそうですよね~

>>悠々自適さん
先ほど見にうかがいました。
内訳も楽しみにしています。
ご苦労さまでした。

by: こうやんkouyansh | 2006/12/31 01:35 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/320-d4c288c9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。