スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

ただの日記

今日はただの日記です。

色々奥方絡みのネタが入ってくるけれど、それに触れるのはイヤンな感じなのでパスすることにします(もともと当初からそうされてるブロガーさんがほとんどだと思うが)。もう、絶対的に幸せであって欲しい。

2年程前、なんの気無しに自分のとある出来事に「ささやかな幸せ」という言葉を使ったら、昔からの友人に「ささやか、って言い方は小さいことを卑下してる、他人の目を気にした言い方。幸せは本人の感覚だけに根ざした絶対的なものであって欲しいから、そういう表現をして欲しくない」と噛み付かれたことがあった。その時は面倒くさいこというなあ、って内心反発しないこともなかったけれど、言われたその言葉は心に残ってる。

その友人はずっと学生生活を続けているような人で高校時代の感覚をそのまま保持している気がした。(余談だがTVを持ってないような人)
私は出来るだけ、人の評価に左右されない、自分で絶対的な価値判断をする人間でいたいと思っていたつもりだったけれど、良くも悪くも社会に毒されていってるんだと思う。(下らない例としては、ヴィトンが良く見えてきちゃったりもするし。まだ手を出してないけど。)

今の私は「幸せ」は絶対的な感覚の中にいて欲しいけれど、やっぱり人からみて幸せそうに見えるシチュエーションはその幸せをさらに強固にするし、実際は幸せでも、周囲から不幸せそうに見られたら幸せがほんの少しばかり目減りするような気がしてる。そんなことないかな?本当の幸せだったら目減りしたりしないか。確かにHYDEライブ直後に、周りにどんなに「いい年してミーハーね、かっこ悪い」って言われたとしても、幸せ度はちっとも目減りしないだろうなあ・・・うーん。またしても書きつつ破綻してきました。

ともあれ、幸せそうだとみられないことがほんの、ほんの少しでも負のパワーを生んじゃ嫌だな、と思ってしまうの。
わけわからないけれど、幸せを信じ、祈ってます。

ここからは本当の日記。

土曜日、目にデキモノができてメガネっ子になってしまい遠出する気にならずに地元をぶらぶら早い帰宅。お陰で二度目のBLOOD+を観れました。CDに慣れてしまった今はTVのバージョンの方が違和感。でもこのアニメのOPの映像は曲に良くあってるなあ。

それから、5年位ぶりに漫画を買った!(漫画は元々少女マンガに限り大好きなんだけど、なんとなく手をだしてない)
地元の古本屋でここ最近のNANA5冊を買って読んだの(今更、とか言わないで)。
映画のエピソード位までは人生で一回だけ入った満喫でまとめ読みして、以来だったんだけど、話だいたい繋がりました。
バンドの追っかけに仕切る人がいる話は聞いたことないぞ、って思ったけれど(宝塚ファンの子に聞いたことあるようなエピソードだった)どーなんでしょうか。
面白かった。でもこういうものをHYDEも読んでるって不思議だなあ。

今日日曜日はぶらぶら買い物。すごーい好みのジャケット見つけて(知らなかったんだけどLGBの定番のやつ)買おうかどうか悩むか、自分の基準を超える値段に結局断念。でもさ・・・あきらめてから何見てもそれよりは大体安いから、買えるじゃんという強気の気持ちになってる自分がおかしかった。結局私は1円も使わずに(家人は色々いっぱい買ってた)すごすごと帰ってきました。日中は暖かかったけど、夜は急に寒くなってびっくりよ。

本当にただの日記だ・・・。(笑)

スポンサーサイト
03:16 | 日記 | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑
レコーディング終了 | top | smart max

Thank you for your comments!

#
こんにちは!今日も再びお邪魔させていただきます。

>幸せそうに見られないことが、負のパワーを生んでしますのが嫌

ほんとにねぇ・・・・・・。
「人んちの事をあれこれ詮索するな!ほっとけ!!」と腹立たしくなると同時に悲しくなりましたよ。
彼らが外野のゴチャゴチャに惑わされたり、悲しまれたりしないよう、祈るばかりです。溜め息です。

私は、「ささやかな幸せ」って、とってもいい言葉だと思って使ってますよ。
「ささやか→小さい→ダメなこと」じゃ無いですよね。
小さいからこそ美しい、少しだからこそ価値がある、ささやかだから暖かい、そんな考え方も有りです。
人それぞれですねぇ。

失礼しました!
by: ハチコ | 2006/03/13 13:16 | URL [編集] | page top↑
#
コメントありがとうございます♪
ようやく沈静化してきたようで、ほっとしてます。アルバム発売に向けての話題作りかな?とも
疑ったけど・・・そんなわけないですよね。
彼が日本にいない間でよかった。

ささやか、の言葉を発した時は、専業主婦生活で自分に自信なくしててついつい自虐的な言葉を紡ぎがちな時期だったので、友達がカツを入れてくれたのかも、って思ってます。
ブログ初めて、自分の文章の下手さ(ワンパターンさ)に気づくと同時に、多くのブローガーさんの言葉が丁寧に吟味され選択されていることに感動しちゃってます。
by: kouyansh | 2006/03/15 01:00 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/23-a428caee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。