スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

2015年1月10日 VAMPS@ZEPP TOKYO 端整HYDE

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2014年のことをろくに書けぬままになっているのが気になるけれど、
今のことを書き留めるために、とりあえずの棚上げをお許しください。

2015初ライブ、2か月間我慢してたVAMPSツアーに行ってきました!
ツアーは11月から始まってたけど、自分的には今日が初日。
いつもは東京ライブがツアー序盤に入ることが多かったのに、今回のツアーは地方が先で東京が最後で、
私と同様にじりじり今日の日を待った東京人は多かったのではないかな。

去年2014年9月10月はたくさんVAMPSを観ることができて
(気志團万博・MJ公録・ドラキュラ試写会・ハロウィン東京三日間・ダイバーシティのJAPANナイト)
十分贅沢したと感じたし
新しいアルバム(BLOODSUCKERS)が出て、嬉しくて素晴らしくて、
これを聴きながらツアーが東京に来るまで待てるわ!と思ってたけど、
二か月長かったー
みんなのライブレポを読みながら、自分が不参加のうちにどんどんライブが成熟しちゃいそうな不安を感じたりもしたよ。

今日は、私は今日が初日なのー赤子同然なのーと思いながらZEPP TOKYOに向かいました。
初めて友達と共同でだけどプレボにプレゼントやカードを入れてみたり、
グッズをみたり、
コートを脱ぐタイミングを悩んだりしながらあっという間に開場の時間

今日明日はMUSIC UP’Sサポートの追加公演で、
FC優先がない、Vチケットがない公演。
1000番くらいだったけれど、寒さに負けて外で脱げなかったコートを中のロッカーに預けても、
余裕で上手一柵目に入れる。
今日はかなり最後まで一柵目に人を入れてたので、2000番くらいまで入ろうとすれば入れたんじゃなかろうか
今日は聴くことに専念したかったので、
できるだけ端にとどまることをモットーに待つ。
いつも以上に端。目の前はスピーカー。
端過ぎて、幕に映る時間が全く読めない

ライブ始まりはリンカネ→ZERO
幕に映るのはななめ読みしたライブレポで産道と書かれていてぎょっとした、誕生を予感させる管を進む映像。
アルバムと同じ流れで始まるのは、アルバムを聴いて待ちわびた身にはとても嬉しかった。

以下、ライブレポとは到底言えない、自分の備忘録。

リンカネ ZERO
AHEAD LIPS レッドラム
REPLAY GetAway Ghost
Damned EVIL
ヴァンパイアズラブ InsideMyself
(HYDE MC)
HUNTING AT トラボー
ラブアディ セクブラ
(アンコール)
TheJollyRoger BloodSuckers ミッセレ

白い幕が落ちて、目の前に(といっても端からなので距離はある)現れたハイドは端整だった。
華奢で、びっくりした。
ウェーブな黒髪が整えられ顔を飾る

年末のMステSPのラルク出演でTVで見たhydeはもっちりしてたんだよね、
そのイメージが一瞬にしてはじけ飛ぶ端整さ。

シックな装いのせいもあるのかな。
黒の透けるブラウス(手首あたりの布がたわむドレッシーな雰囲気)に、前身ごろだけベストがついてる仕様?
中は黒タンク
パンツは濃いグレー?
胸元にいくつかアクセサリーがぶら下がってる。
一つは指輪をチェーンに通したものだった

KAZは黒に白で模様が入った長袖Tに黒のベスト、かなりボリュームある黒パンツ(一瞬スカートかと思った)
アーリーが上半身も服を着ていて、パンツも髪形も凝ってた
仁ちゃんは黒の立体マスク
JU-KENは髪が黒くなっていて、いつもと違う感じ。

HYDEの二の腕とか全然太く感じなかった。
体を折って歌う時など、心底華奢さを感じたな

そして何より新曲を全部やってくれたのがうれしかった。
ひたすらMCなく続くのにゾクゾクした
オープニングの2曲の後は、
AHEAD レッドラム LIPSと勢いのある跳ねる感じの曲が続き、
その後、リプレイゲラウェイゴースト、と、とろける曲が3曲続いた。
私はFAITH(アルバム)のFAITH(曲)が好きで、いつか再びライブでやってくれないかと叶わぬ願いを持っていたんだけど、
GhostにはFAITH(曲)の匂いを感じてた。
それをライブで更に実感した。名曲だ。

ダムドでは皆がパーマと呼んでいる王冠のような装置が各メンバーの頭上に降りてきて、これか!と。
ダムドイービルとゴスな曲が続き、
Vラブとインサイドマイセルフで聴かせて、
HYDE MC。
歌ってる声は普通なのに、MCの声が低くてびっくりした。
新年挨拶と干支の話。
観客がめぇーめぇー言ってと突っ込んでたら、
「羊の鳴き声ってどうだっけ?」と聞き返し、
必死でメェーメェー言いまくる観客を見てにやりとしたり。
羊MCの流れでHUNTING。今ツアーはやってないと聞いてたけど、羊MCだったからかな?
最近は上手にもダイバーがいるらしく、二人に続けざまに頭つかまれて(ちょうどいい位置にいたらしい)髪ぼさぼさ。
重くも痛くもなかったからノープロブレムだけど、焦った。

それからはライブ盛り上げソングに突入。
ラブアディのイントロで向かい合う二人が凄く遠くて、自分がいかに端にいるかを実感したり。

アンコールの声が初め全然起きないのにびっくりした。
手を叩き出すことはできても、頭にアクセントがある「VAMPS」コールをスタートさせることができなくて。
第一声を出してくれた人に感謝。

水撒きHYDE、上手でペットボトルを投げようとして手が滑り、最前あたりにぽろっと落としながら、何事もないように去っていく。
ジョリロジャは、ダイバーシティのMVシューティングでジャンプノリの教育を受けさせられたから、
自然に体がジャンプしようとするのに、周囲誰もやっておらず。
ノリが変わったのかと焦ったが、 たまたまだったみたい。

KAZのMCはアンコール中だったか。2014年といってごまかしたり、ツアースタートを10月と言って突っ込まれたり、ぼけぼけ。お正月は6日間もスノボに行っていたらしい。
観客からお年玉頂戴の声がかかり、困った挙句、それはHYDEに言いなよ、とドラムとキーボードの間で休んでるHYDEに話を振る。
HYDE、投げキスのお年玉をばらまいてた。

その後かな、HYDEが今年は大変なスケジュールが決まりつつある。みんなの援護が必要、と。
こういう言い方をするときは海外ライブが決まったのかなーと想像。

ブラサカは曲自体がカッコいい。ハンティングより断然こっち。
何回も繰り返すのが斬新。歌詞を覚えなきゃ!
ミッセレで終わり。久しぶりにみる緑の光の檻に興奮。
曲終わると同時にHYDEがステージから去って、ちょっとあっけなくも感じたな。

今日は新曲たちに聴き入りたくて、自分に正直にいた。
いさせてもらえる空間でよかった。
最前に動物の被り物をした男性がいらして
最後はその方の左右からKAZやHYDEを見る面白い視界のライブでもありました。

今日のHYDEはエロさより端整さが勝ってた。
国立2デイズ直後のイギリス行く前のプレライブがこういう雰囲気だったかな、と思い出した。
素敵だった

以上。

ライブが続くと記憶がごっちゃになるのがもったいなくて、
適当だけど書き留めました。
また明日、ライブ楽しんできます♪


まったく更新しないブログに訪れてくださってた皆様に感謝しつつ。
2015が皆様にとって大好きな年となりますように
スポンサーサイト
03:24 | HYDEライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
2015年1月11日 VAMPS@ZEPP TOKYO GhostHYDE | top | 久々の籠ぴか(20140917)

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1973-9c61cd21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。