スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

AHEAD・REPLAYリリース、ニコ生浴衣祭り、世界ツアーに海外向けベストCD発表

昨日7/3は盆暮れ正月が一緒に来たような一日だった!

朝。オットが「VAMPSだよ!」と呼ぶからエクスペリアのCMか?と思ってTV覗いたらREPLAY→AHEADと続けて流れるシングルのCMで興奮。

少しして、朝早く、ユニバーサルで注文していたのでフラゲできなかったらしきCDが届く。
まずはREPLAYのDVDを開封。
そもそも音源をフルで聴くのも初めて。
朝のニュースでMVがチラッと流れたときからFAITH期に時間が巻き戻ったかのようなストレートな髪の端正なたたずまいのHYDEにまいってたけど、
全編通してみると、好み過ぎて胸がかーっとなって床にごろんごろん。
ゲームのCGもゾクゾクする。
私はファンタジーの世界より戦闘アニメの戦闘シーンの方により萌えるタイプだけど、
この手のファンタジー好きな人だったらきっともっとたまらないよね。
端正な青い雰囲気のHYDEが好きなんだけど、
一番惹かれるのは、向かってくるドラゴンに相対したときの
達観したような横顔の長回し。
VAMPSにありがちな「挑む」表情じゃないのがいいのだ。

トレイラーもいい。イントロが短いせいか、歌いだしの「Unlock~」の声がMVよりもやたら甘く感じるの。
同じ歌だよね?不思議だ。

続いてAHEADのDVD
これはもう音楽チャンネルでMVをみてるけど、もう一度がっつり。
初めて見たときはちょっと過剰に感じたHYDEの挑む表情が
切なさも帯びて見えるのは黒目がちなせいかな。
REPLAYの映像は監督任せ、AHEADはHYDEが仕切ってるとインタで呼んで、
AHEAD映像を贔屓したくなる気持ちもどこかにあったりして。

AHEADのDVDにはCMが15秒30秒両方入っていてびっくり。
捕獲に奔走した日々はどーなるw
CMメイキングはメガネHYDE好きにはたまらない。
うほほほーとなってみていて、
ずっと背後にインストのAHEADが流れているんだけど、
途中最後の演奏シーン撮影の部分で突然、
HYDEの歌が入ってくるの。
その瞬間の世界の色づきようったら。
たまらない。

私はもともとギターサウンドよりシンセ音が耳に馴染む人だから
曲の好みはREPLAYなんだよね。
ただ、ここ最近のインタでHYDEがAHEADよりREPLAY推しと発言しているのに、ん?と。
HYDEがVAMPSの方向をデジタル音に持っていこうとしてるのは、それが好みの私にはラッキーではあるのだけど、
それでHYDEの本来の酒肴とあってるの?と不安になる。
VAMPSはストレートにHYDEの本来の好みを表現する場であって欲しいから。
まあ、そっち方向で今一番好きな曲のひとつEUPHORIAはHYDE作曲だから平気かな、と思ったりも。

ただ、
曲の好みではREPLAYに軍配があがるのだけど、
聴いていて泣けてしまうのはAHEAD。
「the Light Ahead」のところ、力強い曲なのに、だからこその切なさに飲み込まれる
歌詞があまりに今のHYDEの心境だから?

この日は「CDが届いたら出かけられる」って思っていたのに、
案の定CDとDVDにどっぷり耽溺して結局外出しそこなって、
家で浴衣をきたまま家事やったりしてた。

そう。この日は夕方からニコ生の浴衣祭りの日だったのだ!
子供の用事が立て込んでて平日夕方家を空けることはできないから参加のチャレンジもしなかったけれど、
せめて気分だけは、って。

このニコ生。
http://live.nicovideo.jp/gate/lv141421404
見逃された方、今からでもニコ動のプレミアム会員になったら、事後でもタイムシフト機能が使えて観られるはず。(多分・・・ご自身で確認してね)
「使用後ご不満があったらお代金お返しします」って言い切れるくらいの、
萌えのビッグバン!だった。

私この日、新しいシングルを手にできて、聴いて観て、改めて好きになって、新曲2曲が大好きってこれ以上ファンとして幸せな状況があろうか、と、それだけで大満足な一日だったのに。
もう満たされきってるのに、そこにバケツで水がどっかん注がれる状況と言おうか。

この時の自分の興奮状態は、ハロウィンのHYDE仮装を見たときの興奮にすごく似ていた。
午前中のピュアなファン心じゃなくて、俗っぽいファン心だった。あははん。
しょうがなーい。わほほーい。
ユカタイド

ゆかたいどとかず

いつもHYDEが浴衣を着るときは、帽子を被ったりボヘミアーンなアレンジが加わって、
かっこいいけど、萌えベクトルではなかったのだけど、
この日は髪の毛はいい感じにあげてるし、
帯の位置が、男性にしては高くて・・・
なにかしらなまめましくて、大変いい感じでしたw

そしてね、安心の山ちゃんの司会だったのだけど、
HYDEのたたずまいが、緊張し過ぎずだれ過ぎず、で丁度よかったの。
やわらかく愛らしかった。

途中、短冊の願いが選ばれた3人の女の子が壇上に上がったのだけど、
対応が優しくてね。
最後、にんぷさんが選ばれて安産祈願をしてあげたのだけど、
高い靴(ロッキン)を履いているのを気にしたり
パパイド好きにはたまらない優しいHYDEでした。

そんな写メ撮りまくりの時間が過ぎて、最後に、重大発表。
事前にHYDEが何かの日記で「みんなにとっては肩透かしかもしれないけど、自分達には大きいことなんだ」「って語ってて、想像はついていたのだけど、

・海外ツアーの発表
9/28 スペイン バルセロナ
10/1 フランス パリ
10/3 ドイツ ベルリン(初)
10/7 UK ロンドン(初)

・海外向け全曲英詞レコーディングしなおしのBESTアルバム(SEX BLOOD ROCK'N ROLL)を秋リリース
AHEAD/REPLAYは収録されず、それ以前の曲の英語版

この時の客席の反応は、ちょっと弱かったかもしれない。
インタとか読んでると海外向けベストを作る、という計画は既に語られてたんだけど、
私達ファンはどうしたって新しいアルバムを待ちわびちゃうもんね

そしたら、最後のプレミアム会員だけ見られる部分で、HYDEが
「説明が足りなかったと思うから」と海外向けBESTアルバムにかける思いを丁寧に語ってくれたの。

アメリカに向けて、世界に向けてのファーストアルバムのつもり。
すごく時間がかかった。
皆にとっては期待してるものじゃないかもしれないけど、僕らにとってはすごく重要な作品。
本気で歌入れなおして、ミックスもし直して、ギターも新しく入れたりして、印象が変わった曲もあるかな。
最強のファーストアルバム。


HYDEとKAZの熱い語りに、じーんときた。
なによりHYDEがちゃんと、日本のファンには期待してるものじゃないかもしれない、ってファン心をわかってくれてるのが嬉しかった。

今日、VAMPS会報も届いたのだけど、英語の発音をものすごくがんばったみたいだね。
VAMPSの海外デビューを応援したいと心から思った。

そんな、
ピュアで始まり、
俗にまみれ、
最後はまたピュアな気持ちになった幸せな一日でした。おしまい♪

明けて昨日、
朝から浴衣イベントがニュースで流れ大騒ぎ。
スッキリではインタつき。(→見逃された方は神業 栄さん宅へ)
うちにはVAMPS会報が届き、
(ネットではGACKT誕生日ライブにHYDEがビデオコメント寄せたらしい情報)

更に今日、テレ朝ドリフェス開催&出演が明け方解禁になり
http://natalie.mu/music/news/94355

祭りは続くよー。


金曜日バンパーク
土曜日お台場でライブビューイング
日曜日ライブ

楽しみます!
スポンサーサイト
05:17 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
VAMPS 20130706(土)@DIVERDITY TOKYO当日券参戦 | top | 8ヶ月ぶりライブ! VAMPS 2013 @ZEPP DIVERCITY TOKYO 20130629 (ネタバレあり)

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1949-9ec15024
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。