スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

本能のーままに!VAMPS TOKYO13日目最終日(20120722)

土曜日の夜、MTV仙台VAMPSにNHKBSのラルクMSGロンドンジャカルタ映像に、と、TV放送の連打にプチ祭り状態で、
すっかりラルクモードに引き戻された方々も散見しつつ、
この日があるから2週間を生きてこれた、VAMPS TOKYO13日目、最終日に参戦してきました!
私は7/7、8に続いて今年のライブハウス3回目。
7日8日はVチケだったこともあって前のめりに一柵目で観たから、
今日は後ろで全体を見よう、と思い、開演前も友達に会えてちょっぴり乾杯、中ロッカーを使いつつだったのだけど、
入ってみたら、前に行けそうだったので2柵目端に。前のめり気質直らず。
でもね、この選択がよかったと思う。
今まで過去に踊ってみよう、と後ろに行ったら、必ず楽しいけど遠い・・・と感じちゃってたから、
私にはやはりある程度の近さが必要。

今回は全部一人でチケットを取っちゃったので、開演までの時間が辛い。
そして案の定、お酒効果でトイレに行きたくなる始末・・(トイレが近いのだ)
トイレに行こうかな、と、ドア方面を振り返ったら、いつのまにか人ぎっしり、みな気合たっぷりの表情で、諦めてしまった。

そして開演と同時に、ものすごい人波で中央に流される。
2柵目は前につめる人と、後ろの柵にもたれたい人の間に人口密度の薄い層があって、そこに横からどどどと流れ込んだ感じ。
この位置ではHYDEが観れるかわからないなー、と思いながら、今日は踊れればいい!と視界確保に躍起にならないことにした。

自分が参加した7・8は両日JESUS始まりで、スクリーンにホラー映画らしき映像が流れてから幕開けだったのだけど、今回は開演と同時に幕が開かれ、メンバーのいない(多分・・・私が見えてなかっただけだったりしてw)ステージが照らされメンバー登場
一曲目、KYUKETSU。!!!!!

今回のVAMPS TOKYOの中で、13日の金曜日公演の日、特別にガーゼTシャツがグッズで出て、
今日は13日目ということで、特別にガーゼトートがグッズで出て
(私が到着した5時頃には完売)
もしかしたら、今日は特別なライブになる?って予感がほんのりあったんだけど、
13日金曜日公演を彷彿とさせる一曲目。
果たして視界に入ってきたHYDEは、胸元に「XIII」と黒で書き、一番初めの「I」は下に矢印でぎゃらんどぅの先をさしている、という(が、この日最前でライブ見たRちゃんに寄ると今日のHYDEはギャランドゥ無しだったらしい・・・w私が8日にみたあれはどこに行ってしまったの)
今日は薄手に見える黒いパーカーを前全開で羽織っていて、冒頭はフード被ったまま、その後も特に左肩はかなり落とした状態になりながら最後までパーカー脱がず
前髪をちょっと切ってたのが、長いけど前髪の量が増えてた。左右に白いメッシュのエクステ?よりギズモっぽさが増す感じ。目元ははっきり黒く囲まれ、猫っぽい。

どこかでトイレに抜けよう、なんて不埒な考えは一瞬で霧散し、とりあえず、KYUKETSUで踊りまくる。
私のいた位置は2柵目の後方の一切押しがない位置で、踊り放題。
一柵目のときは、手を上げたら後ろの人の視界をさえぎらないか、とか、少々の遠慮があるけど、無し。
しかも、適度に人に埋もれてるので(ステージの様子は見えるときと見えないときと不安定)それが、いとも簡単に、私を「本能のーままにー」に導いてくれて。
もう好きに踊る。富士急で体得した好きなKYUKETSU踊りがあって、周りでそんな踊りをしてる人はいなかったけど、踊る
そこらへんで自分のタガがいい感じにはじけて、今日は終始、手を上げたいときにあげ、飛びたい時に飛び、踊りたい時に踊る、というフリーダムなノリに突入しました
超楽しかった!
ステージも見たい時は観るが、天井観たり、全く観ずに頭振ってたり、音にのってたなあ~

メイドインに続き、ライブワイヤー
この2曲は、このツアーで躍らせてくれる2曲。ライブワイヤーは自分の中で評価うなぎのぼり

ここでHYDE MCがあったのかな。
みんな今日13日目って知ってたの?どういう意味?みたいにすっとぼけてみたり、なにかいって超どや顔してみたりしてた

続いてPAST。ライブハウス3日間でこの大好きな曲を全部聴けたよ!(ということは対的存在になってるユーフォリアを聞き損ねたということなんだが)そこからエバネ。心震わせられる2曲。

デビサイ、レッドラム、ドリー、と淫靡だったり激しかったりする曲が続き。
ドリーではHYDEがKAZのそばに来て、右肩にひじを乗せて歌うのよね~
毎回このシーンを目撃してた気がする。そしてとても絵になっている。
続いてスイドリ。初聞きのピアノのイントロが凄く素敵
サビはあげられていてウットリ。
シークレットインマイハー。このときかなあ?ギター無しなのにスタンドマイクもって歌ってたの。よかった

KAZ MC
今日13日目。無事だれも病気等することなく最終日が迎えられた
13日全通した人(そこそこ声上がり、拍手おきる)
今日初めての人(そこそこ声上がる)
13日通うと、みんなの楽屋での過ごし方のパターンができてくる
JU-KENは4~5時くらいになると眠くなってくる。ベース弾いて歌いながらねちゃう、そして寝てたでしょというと寝てないと言い張る
アーリーはずっとドラム叩いてる。楽屋うるさい。
JINちゃんは井戸端会議。女性スタッフと長話してる
HYDEはずっと仕事してる
俺は?おれはネットで買い物してるー(ファンからの何買ったの??つっこみ)そんなの言わないよ(内緒だよー)(KAZにしてはきっぱりとした拒絶に客席おおーっとなる)
上手くしめられない、といいつつ、JU-KENに「腹減った」と振って、
HUNTING

気づけばステージから消えてたHYDEは2階席下手に登場。
ドア近くのところで歌ってギター弾いてピック投げて水まいて、でした。

この日下手のキャットウォークの関係者席にyasuがいて序盤から目立ってたんだけど(私はステージ観ずに踊ってるときに目の端に入ってきて気づいてた。金髪に白い上着で柵から身を乗り出して観てるのでとても目立つ。途中気づけば黒いタンクのみになってた)、みな2階のHYDEを見上げると同時に、yasuのノリノリな姿も目にはいったんじゃないかなあ。

ATの盛り上がりに続きトラボー
イントロにスクラッチ音が入ってる新しいバージョン。かっちょいい。本能のままに理性はいらないライブはセッ○ス、ヤリマクリマクリステイ!(最後の言葉はyasuの十八番の言葉のイメージ。)と客を煽る
これはみんながハチャメチャになって、この曲だけは押しもあり。それもまた楽し。
続いてハイダウェイ。この曲のもってる明るさにいつもにっこりとなって踊っちゃう。
本編最後はみっせれ。野獣になって踊り狂う。

アンコール。アンコール開けは水撒きタイム。2柵後方でもKAZやアーリー、HYDEの投げた水もかすかにだけど全部被れる。
HYDE MC。
13日間。気づけば夏になってた
通勤みたいだった ロボット見れずじまい 道路から胸の上は見れるんだけど
後ろのほうも見えてる 後ろも盛り上がってるの見えてる 後ろの方に近づいてあげてたくて2階に行ったんだ
昔は夏嫌いだった 冬が好き 冬が終わるのが悲しくて
今は夏のソワソワ感?(って言葉じゃなかった、なんだっけ)がわかる
自分は男ばっかりで夏を過ごしてきた 男ばっかりでキャンプ 夏の楽しさを知っても手遅れ

日本は四季があっていい。JU-KENは四季のよさとかわかってなさそう。肉焼く食う、みたいな
(ほかにもいくつかの言葉でJU-KENを表現し、JU-KEN受ける)
KAZは?夏と冬どっちが好き?(KAZが客の声援にあわせて、夏とか冬とか適当にいい、「どっちも好きじゃだめ?」)いいよ、どっちのよさもわかるってことだね、と
JINちゃんは食べ物好きだし、四季のよさわかってる アーリーもわかってるタイプ、俺も~
前ハワイに2週間位行って、一年ずっと夏?と思ったらぞっとしてハワイ嫌いになった。
あ、そんなことない、せっかくラルクでハワイの日ができたのに、そんなこと言っちゃいかんよな~
(このHYDEから発せられたラルクって言葉でかなり客席は盛り上がった)
夏はそんなにない 大体70回くらい そのなかで青い時なんて少しだけ、夏にいい思い出を作ろう、

めもりーず

ラブアディに続いてHELLO。これも明るい上がる曲。
最後はセクブラ。最後は人波でグワーと前に押され、それも楽しみつつ、狂乱の中でライブ終わり。
後ろの男子のサビの英語が完璧で惚れ惚れしつつw

楽しかった!
一柵目の視界の快楽ももちろん大好きなんだが、
今日は「本能のままにー」、踊ってきた!すごく自由だった!
そしてラッキーなことに、視界も苦労せずともそこそこ開けてて、メンバー全員ちゃんと見ることができた。
JINちゃんは今までで一番よく見えたかも。髪型とアイメイクは知的なゴシックイメージなのに、Tシャツが・・筋肉?骨?の絵が描いてあって、不思議なの

KAZは7/8と同じTシャツの気がする。襟元がV開き
アーリーは昨日のMTVの仙台ライブ映像の、コーンローにするより、自然にさらっとしたほうがかっこいい気がしたー。今日はコーンローにTシャツ。アンコールでは上半身裸
JU-KENは・・・アンコール後は頭にバンダナ巻いてた

と、久々にライブ終わった日の速報で感想書き殴ってみました。
ライブハウスでも押しもなく視界もあるポジションがあるんだな、ということを学ぶ。
多分いつもの自分はそんな場所があってもどこかで前へ前へに移動しちゃってたんだろうけど、
留まったらこんな居心地のいい位置があるんだな、って。

そしてHYDEはやっぱりとっても魅力的だった
綺麗で怪しくてかっこよくて、魅了されずにいられない
今日はMC、下ネタ一切カットだった。だれか来てたかな?なーんて邪推もw
KAZはMCの組み立てがしっかりしていて、らしくない、と思ったりw
どこかの曲の最後のメロディをすこし間をおいて弾ききったのがかっこよくて、歓声が上がってた

2週間我慢した甲斐がある、楽しいライブでした
この思い出を昨日手に入ったMTVの仙台ライブ映像で反芻しながら、蒲郡待つ♪

セトリ
1 KYUKETSU
2 MADE IN HEAVEN
3 LIVE WIRE
4 THE PAST
5 EVANESCENT
6 DEVIL SIDE
7 REDRUM
8 DOLLY
9 SWEET DREAMS
10 SECRET IN MY HEART

11 HUNTING
12 ANGEL TRIP
13 TROUBLE
14 HIDEAWAY
15 MIDNIGHT CELEBRATION
アンコール

16 MEMORIES
17 LOVE ADDICT
18 HELLO
19 SEX BLOOD ROCKN' ROLL
スポンサーサイト
04:09 | HYDEライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
バンパーク行ってきます | top | 7月末TVスケジュール

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1914-7b3671d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。