スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

VAMPS TOKYO 20120708(SUN) @ZEPP TOKYO 

8日の残像で一週間生きてます

この日は100番台後半のVチケで(私にはこのレベルでも奇跡)絶対一柵目に入るぞ、と、外のロッカー押さえたり、水分を取らないよう(トイレが近いから・・・あははー)ライブ前人に会うことさえ我慢して過ごしたりしたのに(人とお茶するとついつい飲みすぎちゃう人)、気合満々で中に入ってみたら、結局HYDEとK.A.Zの間の3列目位の位置で、あれ、って(笑

一桁番号が遅かった前日とほとんど位置が変わらないって、なんでだーってw

でも、ほんの少し前でほんのすこし中よりなだけで、視界が全然違かった!
ステージの床が見えてるからね、つま先までまるっと見えてるからね。
新鮮な空気もずーっとすえてるからね。

最前に行きたいなんて贅沢は言わない、この視界がいつもライブであったらどんなにいいだろうって思っちゃったよ

8日のHYDEは素肌に白の透ける素材に黒の大き目豹柄のブラウスを羽織って、最初から前全開、デニムのパンツは左腿に穴の沢山あいたダメージ、腰履きで黒のベルト、黒に赤のラインのパンツが最後の方ちょっとだけのぞいてた。臍ピは透明な石つき?うっすらギャランドゥ。昨日見えなかった青髭もわかったけど、全然嫌じゃなかった。

スクリーンにホラー映画らしき映像が映って、幕が開いて、またJESUS始まり!

ブログに貼ったJESUSとFAITHのバナーをいまだにはずせない適度にJESUS推しの私は二日続けてのJESUS始まりに震えるー
JESUSはギターあり、と、ライブの当初はHYDEがギター持ってるか持たないかを意識しながらライブを観てた

2曲目のMADE~でギターはずし・・
HYDEが前に出てきて・・・
踊り、歌い・・
はじめはね、前日のライブの感想で、HYDEにラルクの体を動かす癖(CHASE由来のアクセルローズ風の?)が残ってる、とツイートされてる方がいて、
はじめの動きの一瞬は、ああなるほど、なんて思わなくもなかったんだけど、
そんなもんでおさまる動ききじゃなかった

こんな卑猥なものみていいのかな、というような
エロスの権化というか、18禁というか、
まだ2曲目なのに
ラルクライブでは沢山着込んであえてこの魔物を封じ込めてたんじゃないかというような、
本能のままの踊りというか
こんなものを人の眼にさらしていいの、という感覚さえ

今私はどのVAMPSライブに行こうか考えてて(現状ではZEPP東京数回と蒲郡一日しかおさえてない)、
当初諦めたエーネーションや氣志團フェスを増やしたくなってたんだけど、
こんなHYDEはライブハウスでしか出てこない気がして、フェスよりライブハウスライブを一本でも増やすべきじゃないか、って気がしてた

それから666武道館の白Tシャツの清潔感ある雰囲気や、
FAITHツアーの頃の、まだどこかストイックさを残したライブのことも思い出したりした

あれからの年月で花開いたもの。
今、目の前の、HYDEの醸し出す雰囲気に圧倒されてました

ライブの途中でどこかでグワングワンステージを回ってて転がった瞬間があったんだけど、そのまま起き上がって何事もなかったように歌い続けていて
全身がばねの様に感じるHYDEだったー

7日は7日で、ライブ感あるセトリで楽しかったんだけど、
8日のセトリがきたら、いわゆる私の趣味の曲目がそろってた

1 JESUS CHRIST
2 MADE IN HEAVEN
3 VAMPADDICTION
4 THE PAST
5 I CAN FEEL
6 SECRET IN MY HEART
7 DEVIL SIDE
8 REDRUM
9 SWEET DREAMS
10 EVANESCENT

11 HUNTING
12 ANGEL TRIP
13 TROUBLE
14 DOLLY
15 MIDNIGHT CELEBRATION
<アンコール>
16 MEMORIES
17 HELLO
18 LOVE ADDICT
19 SEX BLOOD ROCKN' ROLL


大好きなPASTがあって
それから自分の好みのダークな曲調が続いて、
スイドリとエバネでじわーっときた
スイドリのサビをメロディー上げて歌ってたのよね(「think」とwonder「ful」を上げて歌ってた)
それもよかった~
エバネはいつもぐっと来る
KAZはスクール水着や、スケボーをやる場所がお台場にある話しをしてたかな
締め方がわからなくなってHYDEに助けを求めてたかな?
続いて盛り上がり曲ブロック
ATのいつも英語でやるところを「パーティを抜け出そう♪」みたいに日本語で言ったのよね。
でね・・・ずっと「Parisを抜け出そう」だと思い込んでた私は(パーリィ、みたいな発音だからさーなんかヨーロッパ全土をまたがる逃避行的なイメージをもってたのよ・・あのVAMPS富士急のちーちーふーレクチャーの時からずっと)
あんまりな自分の数年に渡る勘違いにフリーズしてました(笑・・・笑えない)
一柵目でも押しきつくなーいと全然踊れてたんだけど、
トラボーの圧縮だけは凄かったw
でも楽しい範疇。
この日は全然アンコールのVAMPSコールが始まらなくて、言いだしっぺになるべきかーと気持ち焦った
出てきた時、HYDEのプハーの水がかすかにしかかからなくて、ううーと思っていたら、
KAZのペットボトルからのかなり勢いのある水をドバッと顔面に受けてしまってびしょぬれ。
昨日といい今日といい、水運はいいライブなのであったw
そういえばアンコール中に大きいペットボトルで水を回すの、今までは小箱ではやっていたがZEPPクラスではやってなかったイメージがあったけれど、
今回はやってたな~

HYDEが桃味のキャンディーのはなしからMOMOネタ、(これレポで読んでた、最近のブームなのね)
ZEPP仙台で一番多くライブやったバンドだった、二番目は地元出身のナイトメア、
多分全国のどのZEPPでも自分たちが一番ライブ回数多いだろうけど(われながら物好きよねーみたいなニュアンスだったか)
今回はスケジュールがきつくて、リハが、他のメンバーはもっと前からやっていたけど、自分は5日間くらいしかなくて、
しかも喉の調子がわるくて、リハで歌えなかった。
仙台初日に初めて声を出した、的な話。
歌ってるうちに喉の調子よくなってきたって。

そういや、HYDEの背後に、ストローさしたペットボトルのスタンドみたいなのがあって(・・全然違うものかも)
そのスタンドの下の方に、自転車のミラーみたいなものもついていて
飲みながら顔をチェックするのか!?画期的、なんて思ってたけど、それを使ってるのは見なかったわ・・・

HELLOが聞けたのもうれしかったなあ。
私はリリース時はファンじゃないけど、ファンにあてた特別な曲よね

最後はドラム台に置いてあったバラ?の花何本かの花びらをちぎって客席に投げておしまい。


KAZはアメリカングラフティ(なんたら)と英語で書いてあるTシャツに、前日と同じパンツ(ADVI・・SORRY・・?)
JINちゃんは髪が右に寄せてさらさら、素肌にみえるTシャツ、JINちゃんエリアを囲む柵が黒いデコラティブなものに変わっていた(このデコラティブなモチーフは色々なところにあるのだ)
アーリーはアンコールは上半身裸だったなー
JU-KENはライブはじめ、前髪があって左右緑で、鳥のようだなあ、と思ってた
HYDEのギターの下のサイドにピックがいっぱいくっついてて、どんな仕組みなんだろう?と思ってた
透けるブラウスのせいで後ろ向くと羽が透けてみてて、いいなあ、と思ってた

ライブ前にTOYOTAでアイドルステージやってるのをチラ見したり、
ライブ前に可愛い便箋みつけて、何年かぶりにHYDEに手紙を走り書きしてプレボに入れてみたり(内容はFAITH演って~♪という身も蓋もないものw)
ライブ後は全身びしょぬれで、ダメージの黒Tを買って着替え、ドリンクのお酒を飲みながら帰ったのでした。

ライブ中に理性は要らないー本能のままにーのコール&レスポンスがあるんだけど、
まさに歌ってる時のHYDEがそうなんだよね
それでいてあれだけ美しいってのが凄いよね・・・
スポンサーサイト
12:13 | HYDEライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
7月末TVスケジュール | top | 七夕VAMPS!(20120707@ZEPP TOKYO)ネタバレあり

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1912-095566e0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。