スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

20thラニバ 20110528・29@味の素スタジアム

土日のラニバの後、
月曜日は朝からいろいろなチャンネルで流してくれる映像をザッピングで追いまくり、
そこで手に入れた数十秒をひたすら再生リピートしてた。
ひたすら廃人。

終わっちゃった。
愛おしかったね。。。

(と火曜日から書き出したレポをだらだら書きすぎてあげるのがライブより一週間後の日曜日となってしまった・・。今更の感もあるし、レポにならないだらだら感想ですが、自分の思い出のために、UP)

28日、土曜日はアリーナB8の後方で見ていた。
日中に子供がらみの行事が複数あって、
ぎりぎりで抜けてむかう、気持ちが焦って空回りしてた。

前の日までは雨を心配してたんだけど、
当日チケットの券面を見て、1回見たきり封印していたhydeの短髪をまじまじとみて
ライブが始まるまで、どんなhydeでくるか猛烈に心配になっていた。

土曜日は小雨。
試行錯誤で(距離は近いのでいろいろな行き方のパターンがあるが、どれもいまひとつで)、結局路線バスで多磨駅に行き、コンビニでトイレを借り、シャトルバスで現地に向かう。
到着したところからアリーナのゲートがすぐで、何の状況もわからぬままアリーナに入る。
開演15分前くらいの到着だったのかなあ。レインポンチョの下にレインコートを重ね着。
B8は地面に私が前日敷くのを目撃した白いマット(お風呂の洗い場によく敷いてあるような)があって、穴が開いて水はけもよく、雨でも足元良好だったのだけど、アリーナでもサイドの方は白いマットが敷いてないように見えた。緑のシートは水を含んでぶよぶよで帰り通路を歩くだけでも大変。
そこの席の人たちは大変だったろうなあと思う。

それから、絶対あるだろうと思ってたサブステがなかった。。。
雨のせいだろうか・・・
自分がラピニュで後方で見えなくて残念だったから、サブステは是非是非作って欲しかったよう。。
大きい会場でライブやる以上、それは必須項目と思うのだけど。。。
会場全体が幸せになれた方が良いに決まってるのに

でも、なにより願っていた「大きいスクリーン」があった。
縦長のスクリーンで巨大。
二日目、かなり後方のスタンドでみていてもばっちり。
そして、ほとんどの時間、ステージでの映像を流してくれていた。
これはすごく嬉しかったなあ。

そして、土曜日初日、ライブが始まる。
スクリーンにテクノ風?にアレンジされたラルクの楽曲と共に初日の範囲であるHEARTの頃までのいろいろなメンバーの写真がモノトーンでコラージュされた映像が次々と出てくる。アー写じゃなくて、FC会報に載ってるようなくだけた写真。ヤバイ感じのhyde写真もいっぱいw
これだけで胸にぎゅうっと来る感じ。

そして歓声。
メンバー登場したのはわかるが、どこにいるのかわからず皆きょろきょろ。
アリーナの後方の入り口から、上手(メインスタンド側)はユッキー&hyde、下手(バックスタンド側)はken&tetsuyaが登場、それぞれアリーナの外周の通路をゆっくり歩いてステージに端から上がる。

で、ハイド。マダムな黒の羽飾りつき帽子被って、長いドレッド風?エクステ。くっきりメイク、グレーの?カラーコンタクト、釣り眉、その表情にはハロウィンのアリスの美貌を彷彿とし、ゆれるエクステはかつらかな、なんて登場のときは思ってた。

とにかく、そこにはアー写やチケット券面の短髪hydeのかけらもなくて、
初期曲を歌うべくのhydeが光臨していた。。

tetsuyaはアシンメトリーな前髪にかなりの短髪。
韓流スター風にも見えw
kenちゃんはスーツにキャップ。このキャップがかなり似合わない気がして???だったのだが、今思えば雨対策だったのだろうか。
ユッキーは白ブラウスに黒いベスト。耽美な雰囲気。前髪のボリュームが以前よりUP。

hydeの衣装は、黒に金縁取りのナポレオンジャケット風に袖口に黒レース、背中もレースで透けてる部分あって、中は灰色の蛇柄タンク。首元ジャラジャラのアクセ。耳ピアスも右が二つに左が揺れる一つ。ふんわりとした黒パンツ。
白装束で来なかったんだな、と思った。白装束になる以前の、爬虫類ぽいと昔からのファンの方が語られていた初期の黒さを思わせる雰囲気。

土曜日セトリ。
味スタ2011年5月28日(土)

01. In the Air (Tierra)
02. Caress of Venus (True)
03. Vivid Colors (heavenly)
04. the Fourth Avenue Cafe (True)
05. 夏の憂鬱 [time to say good-bye] (heavenly期)
06. 風の行方 (Tierra)
07. As if in a dream (DUNE)
08. Dune (DUNE)
09. winter fall (HEART)

(スクリーンにwinterfallを歌う有名人のリレー)
10. ガラス玉 (heavenly)
11. fate (HEART)
12. Floods of tears (DUNE)
13. Blurry Eyes (Tierra)

(曲頭で何回かの寸止めあり、途中でkenちゃんMC)
14. Lies and Truth
15. flower (True)
16. I'm so happy (True期)
17. Shout at the Devil ((HEART)

<アンコール>
18. あなた (HEART)
(tetsuyaのMC)
19. milky way (HEART)
20. Voice (DUNE)
21. White Feathers (Tierra)
22. 虹 ((HEART)

(最後tetsuyaがバナナの水鉄砲)

始まる直前、横にいた友人が「今日はTierraまでだよね?」といって、吹いた。そのライブ、スタジアムでやったらすごいわw

もう音楽サイトでライブレポがあがってるので、詳しくはそちら参照
ナタリー(初日)(写真が良い!)
ナタリー(二日目)
BARKS(MCがいっぱい載っている)

風の行方はライブ映像で見た記憶もあまりない気がして、すごく新鮮だった
hydeはずっとくねくね、腰を揺らしながら歌う
後半の初期曲の方ではぶりっ子風に肩が入るときもあり。

本当によどみなく、堂々とした歌いっぷりで、圧倒されてたんだけど、
定番曲のwinterfallになったら安心したのか歌詞がたがた。
まちがうと笑うからすぐばれるw

雨のライブってことで、VAMPSの富士急二日目を思い出してたんだけど、
VAMPSのときはギター弾いてて動けないから、あまりHYDEが雨に打たれていた記憶がないんだよね。
今回のhydeは屋根のない花道先へ、上手へ下手へ、ずっと動き続けていたように思う。
ずっと雨に打たれていたように思う。
kenちゃんも、tetsuyaも。二人は花道に行くと「濡れる」の。濡れてるのがわかる。特に二日目なんて髪がびしょぬれで。
でもhydeはドレッドエクステのおかげか、雨に濡れてるのに二日間通してそうと感じさせなかったなあ。
巨大スクリーンに映るhydeの回りには雨粒が降り注いでいるのに。。

途中から、帽子とって、ただのドレッドじゃなくて、ポニーテールになってることがわかった。
ポニーテールhyde。長い時空を超えて、なんて思ってた。

スクリーンは基本ステージの様子を映してるんだけど、DUNEの時は砂嵐になって、ステージの様子の中にサブリミナル効果のように昔の白装束のhyde映像が挟み込まれる。そのたびにキャーキャーいってたアホは私・・・

winterfall後、スクリーンに藤原組長、野球選手(ハマの番長三浦さん)、yasu、DAIGO、シドマオ、武田真治、青木さん、狩野、なっち、藤本美貴、押切もえちゃん、といった面々が歌でリレーするという映像がうつり。女子メンバーは客席の反応イマイチだったけど(モー娘好き。の私でもビミョーな気持ちになった)、こういうお遊びは嬉しいね。武田真治の歌いっぷりがどこか物まねしようとしてるっぽくて、客席から笑いが起こってた。狩野はブーイング起きるも一瞬で終わって、その一瞬さに笑いが起きてた。

kenちゃんは昔車でツアーしていて寝ちゃうとアサダチしてしまう、という内容のシモネタをうまーく話していたwみんな濡れてるの~?とも。味の素ネタも。kenちゃんのMC、冴えまくってました。

アイムソを歌うhydeは堂々としていた。
SHOUTのhydeがあまりにかっこよくてよろめきました。ずーっと初期曲を耽美に歌うhydeに興奮してたけど、やっぱりhydeの真骨頂はこういう攻撃的な曲だなあ、なんても思い。

感動のあなた、の後のtetsuyaが「この位置のMCキツイ」っていってました。わはは。しかもいうはずだった「みんな濡れてる?」をkenちゃんに先に言われたと。このくだり、hydeが何か突っ込んでた。「ご存知~?」を連呼してたかなあ?二日間でダブり曲が一曲もない、こんなライブはラルク史上初だ、とも言ってたかな?これ聞いて、GLMWだけは例外で両日やるかな、と思ってたけど、今日は聞けないんだな、とわかった。
しかしテツ、喋りが明るい。軽快。ソロライブのMCがこういう雰囲気らしい。ラルクのあえてはしゃぐことを自制してるようなtetsuyaに慣れてた身としては、tetsuyaがそういう雰囲気なだけで嬉しくなっちゃうよ。こっちもはしゃぎたくなっちゃうよ。

White Feathersの時、羽根が振って来て、それはほとんどステージかアリーナ最前にしか落ちてないのに、
風に乗った羽根の小さなかけらを相方ちゃんがふわっと捕まえてた。天からの贈り物に思えたよ。

最初のMCでhydeが「雨は演出だから、最後は虹がかかるから」って嘯いてたんだけど、虹で歌い終わったとき、本当に一瞬雨が上がったの。

hydeのMC。言葉はすべて適当。今頭に残ってるのだけ
みんな(らるくの曲たちと人生を)共に生きてきたんでしょ?
昔の歌詞は後ろ向き。夏の憂鬱とかびっくりする
今日は泣かずにすみそう(ラスト虹前のMCで。でも虹で泣いてるように見えた)
出てきたとき、みんなが(雨の中)いてくれて涙が出そうになった
収益を義捐金にする話。珍しくみんなで話し合って決めた。ラルクらしくて良いと思う。メンバーの決断が潔くてかっこいいと思った。
やまない雨はない

そして虹。

土曜日のライブは、ラニバの白装束サブステージタイムを一日サイズに伸ばしたような、
とにかく一曲、イントロくるたび、歓声があがり、このまま永遠に続けば良いのに、って感じてた。
そして巨大スクリーンに映るhydeは時折丸顔っぽくもあったりしたんだけど、ため息ものの美貌でした。。

初日。ライブ後の規制退場、アリーナの前方は最後で。虹で上がった雨もまた降り出し。ライブ中の雨は特に土曜日は小雨で何の苦にもならなかったけど、終わった後、傘をさせぬ中で雨にずっとさらされるのは、ちょっと過酷ね、と思ってました・・

ライブ中は音をクリアに聴きたいからフードをとってしまうことも多かった。メンバーが雨にぬれてるのに、自分だってという気もあって・・


29日、日曜日。この日は下層バックスタンド(tetsuya側)のかなりステージから遠い方。17列目だった。
これが明暗を分ける。スタンド、15列目までは屋根がないの。その後ろはある。時折振り込んでくるものの、ライブ中は雨がかからずに居られました。
この日の天気は豪雨。アリーナやスタンド前方の人はライブ前後も含め、何時間傘をさせずにあの雨にさらされたんだろうか。
あんな大量のレインコート姿を見たのは人生で初めてだと思う。
そのレインコート姿越しのステージ。

ライブ前、友達が双眼鏡を貸してくれて、ちょうど向かいの関係者らしきスペースをチェック。JINちゃんらしき人をワイワイ探してたら、もっとわかりやすい人、yasuが関係者席の最前で髪かきあげてたw

ステージには初日はステージ上部の透明な覆いしかなかったけど、今日は楽器隊の上にはそれぞれ個別にテントが。


日曜日セトリ。

5月29日(日)
01. READY STEADY GO
02. Pretty girl
03. NEXUS 4
04. HEAVEN'S DRIVE
05. LOVE FLIES
06. snow drop
07. ALONE EN LA VIDA
08. 叙情詩

(出だしアカペラ。圧巻)
09. NEO UNIVERSE
10. Driver's High
11. REVELATION
12. DRINK IT DOWN
13. 花葬
14. 浸食 -lose control-

(スクリーンに前日と同じメンバーのHONEYメドレー)
15. HONEY
16. SEVENTH HEAVEN

(イントロでkenちゃんのリズムに乗ったMC炸裂)
17. STAY AWAY
(ここでhydeがテントの棒でポールダンスをしていたらしいが見逃し)
18. Link
(花道で寝転ぶhyde)
(tetsuya MC)
19. 瞳の住人
<アンコール>
(スクリーンにメッセージ)
20. forbidden lover
21. MY HEART DRAWS A DREAM
22. GOOD LUCK MY WAY
23. BLESS

(ライブ後kenちゃんはすぐ去ったが、他の3人はバナナ投げ参加。
ユッキーのLサインにでんぐり返し)

ライブスタート、前日と同じ、今度は後期バージョンのコラージュがスクリーンに映り。
アリーナの様子(通路にファンを通らせている)から想像はついたが、ライブスタートはアリーナ後方からではなく、ステージからでした。
雨のせいかなあ、と思っていたけれど、アンコール明けはアリーナ後方からの登場でした。昨日と位置交代でバックスタンド側はユッキーとhydeだったんだけど、通路の位置のせいで近くに居るときは帽子しか見えなかった。。。

アンコール明け出てくるときは白いリムジンハマー(初日は黒だったらしい)から降りてくる演出なんだけど、この車で視界がさえぎられる人もいそうだなあ。。
透明な傘をメンバーそれぞれ自らさして。土曜日は傘さしてなかった気もする・・(記憶曖昧)
傘を高く掲げて、何回も後ろを振り返ってくれながらゆっくりステージへ向かっていった。ちなみにこのときだけ通路に赤いカーペットが敷かれてた。

さて、ライブ頭からのはなし。
ユッキーがまずステージに出てきて、ドラムを鳴らし、それにあわせてメンバーが一人ずつ出てくる、それもかっこよかったのだ。
hydeはこの日は初め帽子なし、黒いきらきらしたロングジャケットを前を開けてきて、黒いもたっとした?パンツ?、インナー無し。つまり乳首がずっと見え(ホホホ)。首に黒いストールを巻いて。
そして、私は二日目はガラッと雰囲気変えて短髪でくるのでは、と怯えていたのだけどw、髪型は土曜日と同じエクステつけたままでした。ロン毛好きの私テンションあがる。
この髪型は、てがけられた美容師さんがmixiで日記を書かれていたのですが、なんと前日に7時間もかけて作ったそう・・・そりゃ7時間かかったものを一日では解かないわなw

出だしはhydeサングラス。途中で結構早めにはずしてたかな。この日は世界で中継があったので、序盤のMCで各国のこんにちは、を言うときに、おそらく手に書いてあるカンペを見るためwにサングラスをずらす一瞬もあった。日本語のこんにちは、が最後に来たのよね。それがなんかよかった。

初盤から、hydeは左右の花道に動く。スクリーンにうつると雨粒がすごいの。そしてkenちゃんやtetsuyaも花道へ行く。すごい雨なのに。VAMPS富士急の時、「雨で楽器がだめになってしまうから演奏者は雨をよけざるを得ない」的なことをHYDEがかばうように言っていたけれど、そして感電とか大丈夫なのかな、って心配もするけど、二人は雨の中演奏してた。この日か土曜日か、MCで、tetsuyaがkenちゃんに「(雨で)指滑らない?」と聞いて「いや、滑って弾きやすい」なんて答えてるところもあったな~

初日とは雨量が違うから、tetsuyaなんて髪がぺったりになっちゃってるの。kenちゃんも髪がわしゃーっとなっちゃってる。なのに、HYDEは濡れない。濡れてるのを感じさせない。。

2曲目すぐプリガで、ALONE EN LA VIDAもあって、SMILEのアルバム曲(特にカミングクローサー)が聴きたい私はほんのり盛りあがったけど、結局それ以外はシングル尽くしでした。でもラピニュのようながっかり観は皆無だったんだよな。。

ヘブドラ~ラブフラ、の流れはセクシーでかっこよかった!
何よりの圧巻は叙情詩のアカペラ始まり。繰り返しのアレンジあり。
会場が静まり返って、hydeの声と雨の音がただ響く。

大好きなDRINK~もやったが、hydeの動きがはげしすぎてカメラが追いきれず。

雨が当たらないところで見てると、一瞬雨弱まったのかな、と勘違いする瞬間もあったのだが、水の落下点をみるといやいやそんなことない、と気づき。そんな雨をもろともしないで盛り上がるアリーナのレインコートの群れに胸熱くなった・・・ふとした瞬間に目頭が熱くなる感じ。
初日の近さはもちろんすごくよかったのだけど、二日目の客席越しのステージの光景に感動させられる瞬間がいっぱいあった。

曲間のインターバルにスクリーンに昨日に引き続き有名人による「HONEY」メドレー。メンバーは一緒。昨日はyasuがトリをつとめていたが、今日はDAIGO。最後首をくいっとかたむけてポーズ決めるのがよかった♪
今日はメドレーがおわってから本家HONEY。

そしてこの日もkenちゃんのMCが秀逸。それはセブヘブのイントロと同時に始まった。イントロのリズムに合わせてkenちゃんがイェイイェイラップ調のMCを始め、それを客席がコールアンドレスポンス、みたいな。。。あまりにノリノリのテンションに場内大盛り上がり。この二日間のkenちゃんには神がついてたとしか思えない。そのイェイイェイに乗ってないhydeが一瞬スクリーンに映ったり、乗ってるhydeもうつったり、爆笑してるメンバーがうつったり、があった記憶が・・・(曖昧)

STAYAWAYではtetsuyaがバナナで弾いて投げてた。初日終演時バナナ投げがなくバナナの水鉄砲だけだったので、味スタアリーナは水以外持込不可だから食べ物も不可なんだな、なんて思っていたのだが、勘違いでしたw
でこの時に、hydeがテントの縦棒でポールダンスをして、それをうつすカメラにkenちゃんがわざと被ってくる、というシーンがあったのを映画館で見てた人から聞いたのだが、場内のスクリーンには映ってなかったなあ。。私も見逃し。映像化望む。これ、下手花道途中でtetsuyaががっしりhydeにつかまってhydeのマイクでサビコーラスを歌うシーンも。

LINKでは下手花道にhydeが寝転ぶシーンが。私の位置からはよくわからない、でも多分花道は雨でびしょぬれだったはず。でもこともなげにごろん、といつものように。
ここだったかなあ、銀テープがどーんと飛ぶ。なんと、私の居る最果てのスタンドにも飛んできた。スタンド上層の人にもテープが届いてる。実は今日はテープ届かないだろうからと昨日のテープをポンチョのぽっけに忍ばせてきたのだが不要だった。こういう配慮、うれしいよね。

tetsuyaのMCはこの日はぐだぐだモード。声張ってくれないので(MCが始まると雨音の大きさを実感する)何を言ってるんだかよく聞き取れないんだけど、そのぐだぐだモードも愛おしい感じでした。グラクロは雨降らなかった話や、明日で初ライブから20周年、って話をしてたかな。。イマイチ反応しづらい話し方だったんだよなあ。。そしてスクリーンにユッキーが映るたびユッキーコール。気持ちはわかるがしゃべってるのはtetsuyaなんだからそれはないなあ~

瞳の住人は大好きな曲なんだけど、この日はPiecesをやってほしかったなあ、とも思った。私の周辺の人で、この曲でラルクに堕ちた人が多いから。

アンコール待ちのウェーブ。アリーナでは大量の人が一時避難の動き。そのなかでウェーブは起こるのだろうか、と思ったが、昨日ほどのそろい方はなかったものの、小さいウェーブを皆が頑張ってつないでる様にまた胸熱くなる。

そして、アリーナ外周の柵を押さえるスタッフが増強され、出入り口近くのアリーナの客がなにかをさとって体の向きを変え、期待して待つこと数分、アリーナの後ろからメンバーが出てきた!!
私はこの日バックスタンド(下手)で、昨日と場所の入れ替えがあるだろうからhydeはこっち側、と確信してたのだが、残念ながら位置がわるくて人の頭で通路が見えず。せっかく近くにメンバーがいるのにユッキーはほとんど見えず、hydeも近くに居るときは帽子だけ。でも歩き去っていく時なんども振り返ってくれてそれで十分だったよ。

そしてこのタイミングでかな、スクリーンに一行ずつメッセージが映った。

ありがとう
我々は新たな未来へ向かいます
次の一歩を踏み出します
みんな一緒に行こう
そして
今日ココへ来れなかった人の想いも
連れて行きます
共に乗り超えよう
これからも一緒
I love you


アイラブユー。
その言葉さえあれば、なんだって頑張れるって、思った。
もちろんこれは基本被災者の人へ向けたメッセージだと思うのだけど・・・。

いつも自分に言い聞かせてる、
ファンをする行為に見返りを期待してはいけないって。
だからこそ、アイラブユー、って言葉の甘美さに震えた。
口の中でこっそり、その言葉を繰り返してた。

メンバーがステージに上り。
衣装変わってた。hydeは帽子を被り、ここに来て白いブラウス(袖あたり耽美)これまた前を全開、その中に遠めには素肌に黒いサロペットか!?と超倒錯的に見えたファッションは、実は首元がむちゃくちゃゆるい黒いタンクにパンツ、という組み合わせだったらしい・・とりあえず乳首は見えてた。
tetsuyaは初日二日目とも同じボーダーのTシャツにお召し変え。

みんなが綴られた文字で盛り上がったところで感動系の歌が来るかと思いきや、フォービドンラヴァー。でもよかった。パリライブのフォービドンがあまりによすぎたんだけど、これもまたよかった。
リリースのとき、フォービドンすごく好みなのに何かひとつ足りない曲、という印象があったのだが、そんな思いはもう全くない。ここかな、hydeの涙を見た気がする。

マイハーの合唱、新曲GLMW。
このGOOD LUCK MY WAYはマイクにうまく歌が入ってなかったような。雨でマイクがだめになったのか、とも思った。この曲だけはなーんか不安定だった。Mステが心配。わっはっは。

hydeのMC。言葉適当。
20年やってもまた楽しいライブができる、発見がある。
ラルクは大きい船、何度も暗礁にのりあげて、のりこえてきた。
扱いにくい愛想のないバンド、でもなにか魅力があるんだと思う
長い間に、辞めてった人も、居なくなった人も、今日来れなかった人も、こうやって雨の中来てくれた人も、
皆のおかげでここまで来れた。
遠くからでも思いは届いてる。

このMC、よかった。本当は一文字一句正確に覚えていたいと思ったのに、もう曖昧にしか残ってない。
でもわかるの。
今ここに居る人にも感謝するけど、通りすぎてった人にも感謝したいその思い。

私のまだまだ短いラルクファン人生でも
もう触れ合うことないかな、と思う人々が居たりするけど、
そういう人が居て、今の自分があると思うから。

それから、本当はここで絶対会えると思っていた、でもここに来なかった
同志のように感じていた友人のことも考えた。
hydeのMCはその友人の為のようにも思えた。


実はこの日のライブの帰り、私は多分高校時代の友人らしき人を見かけた。
彼女はわたしを生まれてはじめてのライブに連れて行ってくれた人。
風の便りでtetsuyaファンになってる、と聞いてた。
声をかけようか迷ったが、かけなかった。
でも、このライブで会えたことに運命を感じたな。

「口下手だから演奏で届けます」
そして始まった、最後の曲、BLESS。

ひたすら名曲だった。そして私はこの曲の音色がすごく好きだーと思ってた。

そして、終演。
kenちゃんは昨日と同じくすぐにはけて行ったけど、hydeは花道に行き、ユッキーは前に出てきて、
やおらステージ中央の台(これ何の台だったんだろう?hydeが乗ってた記憶はないんだけど)に乗って、一瞬の間があって、指でえいっとLサイン。
両日MCがなかったユッキーのこのアピールに沸き立つ場内。
そして下手花道先に歩いてったと思うんだけど、このときスクリーン前の花道でユッキーでんぐり返ししてたらしい・・・!(私見逃し。次の日にようやく知った)
ユッキー、ファンと同じに濡れたかったのかな、って思った。

tetsuyaはかごにバナナを入れて、ユッキーもこれを投げ、hydeも受け取ってキスしたり、歯でバナナの皮?筋を向いたりして投げ、それからユッキーが去って、ステージにラルク初期メンバーの二人だけになって、上手花道先からhydeが、下手花道先からtetsuyaがそれぞれ中央に向けて歩いてきて交差しようという瞬間があった。
そこでハグ・・・ということはなく、バナナの受け渡しが行われたのだがw
このときかな、hydeがバナナにキスをして、tetsuyaにもキスさせて、バナナを投げた。
そして最後はtetsuya一人になり、「まったねー」でライブ終わり。

GLMWのPV後、ツアーの告知。
唯一の関東の日程が行けない日(ラニバと被るかと不安がってた夜まで拘束ある行事が、埼玉アリーナの日と被ったと言う・・・泣)だった私は少々どんより。ううう。

規制退場は昨日と同じで、アリーナ前方はラスト。
あの雨の中、きっとイスが濡れてて座ることもままならずの時間はかなり辛かったのではと思うが、前方で見た知人たちはそんなことよりライブの興奮に包まれてたので、よしとしよう♪

二日間とも(二日目なんて遠いスタンドだったにもかかわらず)規制退場のかなりの後半で、ライブ後にかなりの体力を割かれたが(おかげで一緒にライブ見た友達以外の誰にも会わずの二日間)、それも今となってはふんわりした思い出のひとつ。

以上。二日間の思い出終わり。
一週間の間にきっとたくさんの書き留めたかったことが抜けちゃってる。
残念だけど、きっと自分の細胞のどこかに残っていると信じてる。


ラニバは、L'7のちょうど3年後だった。
L'7直前のライブ休止宣言で皆が涙に暮れてたとき、このブログで
3年後もだらだらブログを続けてることを約束します」って書いた。
ちょっと頻度は落ちてしまったけれど、
相変わらずのだらだらラルクファンブログを続けられてます。

3年前からずっとこのブログを読んでくださってる方もいらっしゃるよね。
本当にありがとう。。

これからも宜しくお願いします。
スポンサーサイト
18:59 | ラルクライブレポ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑
繋がらない | top | 籠ピカ!ならぬ、血文字!(追記済み)

Thank you for your comments!

#
レポまってましたー!(><)
一日目のセトリを聞きながら読んでたら感動が再び・・・
ありがとうございます!!
初日は私A8にいたので近くにこうやんさんいたんだ!
とおもったらなんか嬉しいです。きっとついったーとかで
つながってる方があちこちにいるんだろうけどw

スクリーンに映し出されたメッセージは被災者はもちろん
ファンにも向けられたものだとわたし思ってます!
だから受け取る側次第で、どちらともとれる文面にあえてしてるような気がします。
みんなが勇気と感動をもらえるように。
すごく素敵なメッセージやった。。。ちなみに私このとき号泣w
きっとこの言葉の選びからから順番から
すごく考えられたものなんだろうなって思うとそれだけでやばいです。

GLMWはあやしかったですよね(笑) 
途中テンポずれとるんちゃう!?ってなったけどなんとかもちこたえた感が・・・
私もMステ緊張して正座して見ます!w 

ラニバ2日間を終えて、今になって振り返るとラピニュは
このラニバの序章だったみたいな気がしてきました。
私はラピニュは奇跡的に近くで見れたりしてすごく楽しかったけど
hydeの歌い方も少し気になったりMCのよそよそしさだったりもあって
「これがラルクだよお。会えて嬉しいよお」感は味スタのラニバの方が断然強く感じました。
鐘がなって登場した時に既に涙があふれ出た(>o<)
MCでメンバー同士タメ口で中睦まじげにからむ姿がたまらんかったです。

二日目はアリーナ後方でずぶ濡れ&アンコールまつ間
ライブ終演語の友人宅までの道のりは
凍えてどうにかなるんじゃと思ったこともいい思い出です^^ 

ともあれこうしてラニバの記録を残してくださりありがとうございます!
これからも読ませていただきますので~
よろしくおねがいします(@。@)/

by: ai | 2011/06/10 13:13 | URL [編集] | page top↑
#
れぽありがとうございます!!
マイハで泣きながら(本気泣きです)会場を後にしたので最後のMCの内容がわかって嬉しいです。
会場の外に出たら全然音が聞こえませんでしたよー。雨のせいもあるのかもだけど。
次またいつかお会いできるといいな~♪
by: Asa | 2011/06/11 23:09 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます!!
>>aiさん
そう、ラニバを見たら、ああラピニュは序章だったんだ、と思った。メンバーも、ファンも。
初日ラニバ、凄く良くて、それにはセトリの力もある、と思ってたのよ。
でもふたを開けたらほとんどシングル祭りだった二日目ラニバも断然沁みたものね。
雨をものともしないレインコートの波に、愛を感じたよ。

A8とB8は似て非なるものだけどwwともに時を迎えられてよかったです。
そしてこの長いライブ感想にシンパシーしてくれてありがとう♪

>>Asaちゃん
Asaちゃんに会えなかったのだけが唯一の心残りだよ~
私、二日目、正直屋根のあるスタンドでよかった、とどこかで思ってたんだ。
だからAsaちゃんがスタンドからアリーナの移動を喜んでたときに、
なんか、はっとした。負けた気がしたんだ。
そんないろいろも飲み込んで、いいライブだった。。
雨の過酷さに負けなかったファンがすごくすごく輝いて見えたよ。
次の会うチャンスは逃さないように、頑張る。
by: こうやんkouyansh | 2011/06/13 15:53 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1794-cedad4d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。