スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

BLESSのPV一部&JACK思い出し

le vertさんで知ったのですが、NHKの公式HPでBLESSのサビ部分のPVが観れるようになってた!
有線でフルで流れていたらしいし、フルPVを観れる日も近いかな♪

SHINEと同じ方が監督らしく、似た雰囲気を感じます。
直球な感じ。良いんじゃないでしょうか。
歌も改めて良いワー

たださ、先日のMステSPのhydeの歌、私はすごくいい(ハリクリにあってる!)と思っているんだけど、
違う見解の方(癖のある歌い方と違和感を感じる方)もいらっしゃるのよね。
もう、hyde&HYDEの歌に関しては、自分の耳は中毒になっていて、まともな判定ができてないのかもしれない・・・・

まあ、主観を垂れ流すのがこのブログの信条なので、このまま行きます。


JACKの次の日は、昼から夜遅く(夕御飯込み)まで、娘の友達の家で誕生日パーティー。
メンバーの一人(私と年の近いママ)に全盛期ラルクライブに行ったことがある、って言われた。
私がHYDEファンだと誰かから聞いたらしい。
今ファンでない人には「そーなんだー」と軽く流しちゃう私である。

その次の日は昼間はずっと年賀状書いていて、夜は学生時代の友人との忘年会。アメリカ留学していた友人(VAMPSのアメリカツアーとタイミングも場所も被っていたので、当時私は勝手に興奮していた。笑)も一時帰国していて、終電まで盛り上がる。
メンバーに一人、私と似たようなノリでライブホリックな子がいるんだが、その子は好きなミュージシャン(ラルクほど大物ではないが、マイナーでもない)何人かに手紙を書き、かなりの頻度で返事をもらっていると初めて知る。
ファンレターって、返事をもらえることがあるんだね・・・。
読んでもらえてるのかさえ怪しいと思っていたよ。
そういう行動って大事だな、と思う。
メンバーの一人は有給使って大阪でのスケート観戦旅行帰りであった。
スケートって今本当に人気なんだねえ。
ラルクブログを読んでるだけでも、知識入ってくるもんねえ。
そして、スケート観戦のチケット取りも壮絶であることを学ぶのであった。

そんなこんなで、JACK入れて3日間、家事を放棄気味であったのでした。
今日も、奮闘しきれず。
あと一日、大晦日、ガンバラにゃー

アメリカ留学話で思い出したが、近しい友達が来年早々に二人もヨーロッパ(スイスとドイツ)へ行くことに(旦那さんの転勤で)。
これはVAMPSヨーロッパツアーのフラグが立ったな、と思ってる私です。
その友達の一人もライブ好きで、某カウントダウンライブを観て、その足で成田に向かい元旦に旅立つらしい。
スゴイワ。かっこいいわ。

今日本屋さんで明希さまが表紙のROCK AND READを見つけて、わーいと手に取り、・・・・一瞬パタンと閉じてしまいました・・・・・。
あのねー・・・なんというか、エロい。
わたし、女性タレントも結構好きなので、女性タレントのグラビアを人より観てる方だと思うんだけど、
そーいう雰囲気でした。
男性のセクシーじゃなくて、そっち。
白いアイアンのベッド自体が、そっちの雰囲気だもん。
彼はいつもこんなグラビアなの?この本に限り?
いやー凄いワ。
背中のタトゥー見せとかは男のセクシー系で平気なんですが、
初めのほうの見開きのはひえええええーとなってしまった。汗かきました。

インタの内容はそうだったんだ、という真面目なものなんだけどね。
他にも、JACKに出てたメンバー盛りだくさんのROCK AND READでした。

CD & DLデータのムックインタ(小冊子)も読む。
JACKでジオラマの歌詞を追ってる時、
「3年前」にあった出来事のことも織り込まれていて、
これはコメットさんのことではないのか?いやでも、そうっぽいし・・・と悩む原因になっていたのだが、
3年前のことと、最近あったことと、双方を含めた歌詞であると語られていた。

やはり、ジオラマと蜃気楼(マオブログ)は、そういう瞬間であったんだな、と。

あの日、TETSU(YA)は頑張ってたよね。
最後のオールスターのセッションに出たのが初めてだと方々で読んだ。

最後のセッション、ひたすらhydeだけロックオンで追ってたのだが、
ポールさんとhydeが電車ごっこ初め、
TETSU(YA)がくっついて、
TETSUは他のメンバーも続かせようとしてるんだけど、うまく行かなくて、
そしたらsakuraが気付いてくっついて、
下手に流れていって、解体して、北西の機材たまり場に下りようとするhydeを、そこにいたスタッフが北側の花道に誘導しようとするんだけど、
もうhydeは引っ込むモードで、ここでいい?という感じで北西の機材たまり場のカーテン開けて去っていって、
すぐsakuraも追って引っ込んでって、とか、
いまだに鮮やかに残ってるよ。
当分ライブの予定もないので、
あの一瞬がずっと反芻する光景になりそうです。

BARKSのJACK記事→http://www.barks.jp/news/?id=1000056921
↑この記事の写真、EXILEセッションのぐるぐるシーンをとらえてないのが惜しい。

今、娘の幼稚園卒園の際の謝恩会の母の出し物の準備等をしていて
その中で、私もなんちゃってEXILEを踊るのだ。
冒頭にはあのチューチュートレインイントロぐるぐるダンスも。
JACKで観て、オオオと親近感を抱いていた私。
あのぐるぐるダンス、ティアモのメロディーとは全くあってないのに敢えて組み入れてるのがまた可笑しかったのよね。

その企画等を考える係を、私も、ディストのママ友もやっていて、
ネタが思いつかなくて(今年って歌の流行りものがない年なんだよね)二人で「もうラルクやるか」なんてぼやいて
周りからは「それはナイ」と突っ込まれてたんだけど、
その後でBLESSのバンクーバ五輪タイアップが決まって、それを知ったラルクファンではない友達が
「謝恩会の時期にはBLESSが流行してるかもね!」なーんて言ってくれて、
ちょっと嬉しかった私である。
だらだら余談でした。

では明日、2009年のまとめが書けるといいなぁ。
(コメント明日返します。遅くなってスミマセン)
スポンサーサイト
03:37 | ラルク | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
籠ピカ♪♪(消灯しました) | top | JACK IN THE BOX2009(冬)ライブレポ

Thank you for your comments!

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1515-28e74a27
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。