スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

WHAT'S IN XP

久々にHYDE祭りの一日。

夕方本屋に。道路から店の中の音楽雑誌売り場が見渡せるつくりの本屋で、中に入る前から、あ、あそこのHYDEがいる、ってわかった。目立つ表紙。
この表紙をWHAT'S INのサイトで初めて見たとき、写真が小さかったせいもあってcomicの表紙か何かに見えたの。写真じゃなくてイラストに見えた。HYDEに黄色をあわせるってセンスが意表をついていて素敵。もちろん写真でなくイラストに見えてしまうのがHYDEのルックスの凄さ。
で手にとって開きが縦であることに気づく。更に好み。変わった装丁の本大好きなの。買うことはもちろん決めていたことでもあるけれど・・・・ついに人生で初めて、同じものを二つ買う、って行為をやってしまいました。
あえてコレクターしないよう、今使うものしか買わないをモットーに人生生きているんだけど(日用品も一切ストックをおかない。いざとなればコンビニで買えばいいと思っている)ついに、買ってしまいました。一応言い訳はあって、ぱらぱらと見て写真が好みであることに確信がいったので一冊はばらしてピンナップ(死語?)代わりに使いたいなあと思ったの。そんな勇気はまだないが。行った小さめの書店には二冊しか置いてなくて(空間があったので少し売れた後だったのかも)他の人の為に残しておくべきかしら・・・と思いつつ、すぐ近くに書店が3軒あるからいいや、とお持ち帰りしてきました。

で、本の感想。まず、表紙のイラストと見まごう写真、好みです。HYDEがつり目に見える不思議。デカめがねもこれだと嫌じゃない。HYDEがどうこう言う前にこの写真が絵として好き。

岡田さんの写真。この人666を撮った人なんだね。666の写真集はとても好みなので期待してました。モノクロの海の写真はどれも絵画のよう。海が・・・太古の海のようなの。時が止まったような・・・写真だから止まってて当たり前なんだけど、止まっているものを撮ったような。背景の海はモノクロなのにHYDEは色づいている不思議。防波堤に寝っころがっている写真とその右の写真が素敵。青めいた写真。左右ある右の写真が美人さん。サイトに使われていた扉?の前の写真もいい。椿の前のHYDEは見たことないHYDEで、不自然なフラッシュとあってる。

ぱんださんの写真。一枚目後ろ、ドレスみたいなコートだわ。植物に話しかけてるHYDE。こんな感じの変な蒟蒻ゼリーのCMなかったっけ?真正面のお顔はちょっとぶさめムーチョ(身内言葉?)。愛らしいけど・・・本当に指短いよね。ギター弾くときハンデにならないのかしら。磔を模したポーズは今回ならでは?その次の背中ショット・・・。・・・・。横顔HYDE。耳が大きいのに初めて気づきました。ピントずれてるのに近しいHYDE。引きのスケボー写真は妙に美形さん。横たわるHYDE。丸まって寝るイメージが凄くあって、そのまま。最後の一枚は、それまでの流れと全く違った写真に見えて、ぱんださんの写真なの?と一瞬わかんなかった。

三島タカユキさんの写真。モノクロはロッカーの写真ぽくてムードがあるけど、カラーの方が全然いいなあ。ヒジつきHYDE、年齢相応のカッコよさが出てる。横に座ってる自分が妄想できる(深夜なので暴走中)。次の赤バックのどアップは、雑誌のグラビアで見る普通のHYDEっぽくてこの本の中では浮いてる感じ。次の4連の鏡の写真がいい。一番左のびっくり目、一番右のクシャッとしてる顔。たまらん。

インタビューは字が大きい(笑)。WORDSでさえ一日で読了できる人間なので、この10倍くらいの量でよかったです。
宗教について語るまでのインタビュー内容は全然WELCOMEなものなので、安心して読み進む。私自身ライブは小さい箱であればあるほど幸せを感じるたちだし、お酒大好きだし、KAZとやることとラルクのメンバーとやることの違いも納得がいってるし(友達には自分と似たタイプの人が居心地いい(→ソロ)が、恋人にはお互いの不足部分を埋めあえる違うタイプの人を求める(→ラルク)、みたいな違いだと感じてる)、ふむふむ読める。
で、宗教の部分。初めてインタビューでここに突っ込んだよね。で・・・結局HYDEが語りたい内容自体は語られず。歌詞を読むまでのお楽しみなのかな。宗教については自分が妙にアレルギー持っちゃってるから、HYDEの言うことに違和感感じちゃったらどうしよう、と怖いんだよね~。無宗教だし、と言ってくれてるので大丈夫だと思うんだけど。AWAKETOUR最終日のMC並みに、自分がごちゃごちゃ考えてたことが馬鹿らしく思えるような、一歩スパンと飛び越えたような視点を提示してくれたら嬉しいなあ。

だらだら書きましたが、この本、大満足です。写真は岡田さんのと三島さんのカラーが好きかな。二冊買って悔いなし。一冊は本棚においておいて、もう一冊は当分いつでも見られるよう、ソファーのところに転がしておこうかな。
スポンサーサイト
05:05 | HYDE | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑
POP JAM | top | B PASS インタビュー

Thank you for your comments!

#
ランキングサイト見てたら記事が出ていたので、見にきました。
by: モチロン | 2006/03/04 05:06 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/15-6dff25de
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。