スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

赤坂サカスより帰還

もう、ネタバレ解禁でいいよね!
ということで、赤坂サカス、金土日とあったラルクミュージアム、
最終日の日曜日、朝一番の回に行ってきました。Bパターンの映像。
(ちなみに、東京は朝8時前から小雨が降っていたのに、私が帰宅した昼過ぎから、雨上がった。本当に雨女じゃないのよー信じてー笑)

まず、チケットを買って観た、映像の話

チケット申し込みの時点で、私はVAMPSモードだったこと、金欠だったこと、ゆえに、友達に「一回観て場所の雰囲気を味わえたらいい、位のノリだなあ」とほざき、日曜朝一だったら午後は家族と過ごせるし、と(友人達も小さい子持ち)、朝一の回の、一回だけのチケット(Bパターン)をルシエルで取って貰っておいたの。
だがしかし、映像はとてもよくて、(パリライブDVDですっかりラルクモードな私)、どーして両パターン申し込んでおかなかったんだ、と、後悔しきり。
スクリーンは、赤坂ブリッツの建物の上のほうに常設されているらしいもので、外からでも見える状況で、音なしでもいいや、と、自分の回が終わった後、柵外でAパターンも観てきました。係員の人が、観たい人はここで観てください、と、場所を指定してくれる親切さ。当日券が早々に売り切れていたからかな?

映像はライブシーンとオフショット(色々な場所)が交互にはさまれている。
Aパターンのライブは、ソウルと上海。セブヘブ・デイブレ・マイドリ・永遠。
Bパターンのライブは、台北と香港。ドラハイ・ドリンキ・叙情詩・リンク。

ライブシーンの映像に、ライブの場所はテロップで出るんだけど、曲名は出ない。
だから、Aパターンを音なしで観ていた時、音声ない中で、ライブシーンが始まると何を歌ってるんだか、想像しながら観ることになった。(BGMでランダムに色々なラルク曲が流れている中で。私が観ているときは、TWINKLETWINKLE、セブヘブ、リンク、フィーリングファイン、HONEYあたりが流れていた。そのBGMが、想像を邪魔するのだ。笑)

Aパターンを音なしで観て。
hydeはこんなに情感たっぷりに歌うんだ、と、音なき故に、染み入ってくるものがあった。
見慣れたジェスチャーだったりするのに、どの曲のどの部分か確信がもてない悔しさもあったけど、
こんな風に歌うhydeをただただ凝視するのも悪くなかった。
(永遠、とおぼしき曲の時、hydeの目に涙が溜まっているのも、ただただ凝視していた)

すっかりパリライブの虜で、あの完璧な美貌を愛でていたけれど、
アジア各地の、ナチュラル感ただよう(どこかまー火を髣髴とさせる)hydeもこれまた良いよね・・

私が観たBパターンについて。
一曲目のドラハイは台北。hydeの腋毛、このころはあったんだーと。服装がナチュラルな割りに、目メイク濃いのもいい。
ドラハイはそんなに好きな曲じゃないのに、なんだか凄くよかった・・・
色々なオフショットの中で、一番印象的だったのは、hydeがホテルの一室に鹿野?さんを招き入れ、窓の外の夜の海?に進む船をみて、船旅の話になり、一度だけ、機材車で津軽海峡を渡ったことがある、と。
鹿野?さんが「ソロの時?」ときくと、
いいや、ラルクのインディーズの頃、と。
ホテルの豪奢な部屋で、ソファに座りながら、昔の話を語るhyde。
「メンバーが運転していたの?」
「いや、そのころはスタッフが運転していて、メンバーも一緒に小さなバスで、後ろに座ってるんだけど、凄く寒くて、普通に座っていられない」
と、ソファの座面に足をおき、背もたれのところに腰掛けて
「こういう感じに座ってた」
と、かつての北海道ツアーの思い出を語る。
まだ髪が長かったころのhydeの話なんだろうな、と、
語るhydeにその面影を探す気持ち・・。

ドリンキはかっこよくて、うわーナチュラルヘアでもかっくいー、と思っていた。
叙情詩はね・・・ああ、もう記憶曖昧。
最後のLINKが、これまた良くて、うるっときちゃいました。明るいのに、切ない、切ないのに、明るいのだ。

赤坂サカス、のロゴがスクリーンに出て、あ、永遠(がどちらかのパターンで観れることだけは、事前にネタバレしちゃってた)を見逃したんだ、ということだけが、がっかり。

その永遠をその後音無しで観たわけですが、BGMでかかってるHONEYが邪魔をするんだな。笑

私がスクリーンを観ているとき、小雨は続いていて、みなレインコート。ただしスクリーンを邪魔するほどの雨の降りではなく、助かりました。

映像以外のこと。
ネタバレを避けるあまり、全然今回のイベントの概要を把握していなかったのだが、
今回のラルクミュージアム、チケット有りで楽しむ部分と、それ以外の部分があった。

まず、チケット有りで楽しむ部分は、
時間ごとに整理番号順で入る、白いドームの中の展示(メンバー使用楽器や衣装、小道具)と、ドームを抜けたところの柵内で見上げて観る映像(音声は貸し出された赤外線受信機+イヤホンで聴く)

チケット無しで楽しめる部分は、
・通常のグッズコーナー(ラルミュージアムグッズとL’7グッズ。朝を除いては、列も長くなく、すぐ買える)
・顔デカとウサギとのフォトコーナー(並んで一緒に写真を取れる。長蛇の列だったので、私は断念)
・ラルカフェ部分(写真の展示と、ラルカフェグッズ=食品系の販売。カフェといっても、飲食スペース無し。出口でCD・DVDの販売、花の種入りティッシュ配りあり)。ラルカフェグッズは、私が朝一の回を観終えた10時半近くの時点で、「列は締め切ってます、列に並んでいる方しか購入できません)の売り切れ状態でした。

駅から階段を
HYDE rarukumyu-jiamu 1090524_131227
あがったところに、広場。右手にブリッツがあって、広場を越えて先がTBSの建物。
TBSの建物に向けて、手前から、グッズコーナー、ドーム、映像の柵、フォトコーナー、ラルカフェコーナー、となっていました。
hyde raruku myu-jiamu2090524_092038
(駅からあがる階段を背にした写真。まだ初回の映像放映前、手前の空間が映像観る人が溜まる柵。右側にBLITZの建物あり、この上にスクリーン。奥がフォトコーナー。顔デカとウサギがスタンバイ。左の奥の黒い建物がラルカフェの建物。映ってないけど、左手前に白いドームあり)
(なぜこんなにわかりづらい写真しか撮ってないのか、自問自答したいところである。スマン)

グッズコーナー以外に、駅の階段を上がったところで、急遽レインコート(500円、普通のレインコート)
を売っていた。11時頃はコメットさんが箱からバリバリレインコートを出して、バナナ売りのように声を出してレインコートを売ってました。

私は新しいブリッツになってから=赤坂サカスになってから訪れるのが初めてで、美味しそうな飲食店がたくさんあって目移りしました。シンガポール料理屋さんもあったので、今度家族で来よう♪

金欠だからね。グッズ系はぐっと我慢の子、だったのですが。
ポスター、惹かれたなー。
悶々としてました。でも、我慢しました。

ラルクはいいなあ、というイベント、楽しかったです。

さて、これで記憶が混ざる心配がなくなったから、L'7ドキュメンタリーDVD観よっと♪
スポンサーサイト
20:42 | ラルク | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
マンスリーVAMPS27日発売らしい | top | アイポッド

Thank you for your comments!

#
おつかれさまでした~。
そうかー朝のうちに当日券なんて完売だったのね。。。
行かなくて良かった。。。飛んで行きそうな今朝方の私でございました。
朝一の回で既に売り切れなら始発の新幹線なんかで行っても絶対間に合ってなかったので。。。

うーん。。。人に歴史ありなんですね、、。
それをちょこちょこ思い出してhydeさんって結構話してくれる。
忘れていないってことに感激します。
このビデオ商品化して欲しかったなぁ。。。
by: せいら | 2009/05/24 22:01 | URL [編集] | page top↑
# 私も今日行ってきました!
こうやんさん、こんばんは。
私も今日、Museum行ってきました。
5回目の回(14時入場)、同じくBパターンです。
あまり期待していなかったのですが、思いのほか良くて、相方と「Aパターンも申し込めばよかった~」と後悔してました(笑)
インドア派の私、カッパなんか着たの10ウン年ぶりかも!?と我ながらおかしかったのですが、映像上映が始まる頃には雨も上がり。イヤホンから聞こえる音もよく、hydeの声、演奏の音、すごく鮮明に聞こえてよかったです。
これからまたパリDVD観ようかな。。当分寝不足です。
by: kaorine | 2009/05/25 00:34 | URL [編集] | page top↑
#
直前にドキュメンタリー見ていって見事に記憶が混ざりました(笑)大失敗です。
私もBパターンのみなのでAも見たかったなぁと終わってからつくづく(笑)特に永遠・・・!上海ではやらなかったので昨年も雑誌情報で知って身悶えしたのを思い出しました。
未公開映像なんて言わないでこっちも売って欲しいです!切望!
予想していた以上にいいイベントでしたね~お疲れ様でした☆
by: ちょこ | 2009/05/25 12:59 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます!!
>>せいらさん
ラルカフェ映像もほとんどが5LAに入ったし、絶対いつか観る機会があると。
映像自体もいいんだけど、やっぱり「家でビデオ」よりも「映画館」でも観るほうがいい、というシチュエーションの妙もあったと思うんだよね・・

そのエピソードのことを話すときのhydeの顔がさ、ドキュメンタリーDVDの映像でも想像付くように、ちょっとオッサン風味なのに(笑)、でも、夢見るような表情になっていて、あ、これは凄く昔の話をしてる、ってピンと来る感じ。
なのに、「ソロの時?」なんて見当違いな質問をする鹿野?にアーア、という気持ちになった一瞬だったのでした。

>>kaorineさん
「傘を差さずにカッパを着る」なんて行為、日常生活ではそうそうないですよね。
ほんと、両方音声付で見れれば一番良かったのですが、こっそり遠目に盗み見するしかないと思っていたら、スタッフの人が場所を誘導してくれて、音なしとはいえスタッフ公認で観れたのがありがたかったです。
ミュージアムの映像も良かったし、パリライブもいいし、心はすっかり囚われの身です


>>ちょこさん
私が映像を観てるときはスクリーンに小雨が被ってみえてたので、ちょこさんの上海ライブの話思い出したのに、ライブ映像は上海のほうじゃなくてあら残念、なんて思ってました。
記憶混ざるよねー。私もブログを夕方に書いて、夜にはもう、それを音声付で観たのか、音なしで観て妄想で補ったのかが曖昧になってきてました。笑。











by: こうやん | 2009/05/26 10:52 | URL [編集] | page top↑
#
先日は雨の中、お疲れ様でした~

私たちが赤坂に滞在してた時間だけが雨降っていたような(笑)

今回はグッズ買わずに良く耐えたね!既にネットで注文してたりして(爆)

暫くはラルクモードからVAMPSに切り替えられないわ。
by: MYDE | 2009/05/26 13:03 | URL [編集] | page top↑
# >>MYDEちゃん
マンプスが発売日延びたの(25から27になったのよ)も、もうすこしラルクモードにひたっておけ、という神のお告げだと思って、ひたってたよ。
あの日、家につくころにはすっかり雨上がってて、ボー然でした。笑
ポスターは、家に帰ったら、貼るのは現実的じゃないって理性戻ってきたよ。
赤坂美味しそうな店多かったなー。いつかスパークリングワインの飲み放題したいよー♪
by: kouyansh | 2009/05/27 08:06 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1260-f2e95bfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。