スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

1993年3月のパリ

一泊で実家に泊まりに行ってきました。

実家の私の部屋は、今や書庫状態になっていて、ベースは私が置いてった本ノートマンガビデオカセットテープetcなんだけど、少しずつ弟(9歳年下、就職して実家に戻った)のものが増えていっている。
弟自身の部屋の本棚には固いもの(学術的なものやビジネス的なものや)ばかりが並んで、あら流石だわ、って感じなんだが、軟派な物(マンガや芸能的なものや少々エロいもの)は私の本棚に並べるべし、と彼は思い込んでいるらしい。
「枝は森に隠せ」、か。ふむ、正しい。ん!?笑

前帰ったときは、「お、デスノートが並んでるではないか」と思っていたのだが(未だ読めずじまい)、今回はゴルゴ13が大量に増殖していた。どうやら彼の中でゴルゴ13ブームが来ているらしい。なぜだ、なぜなんだ。笑

その書庫状態の中には、私が小学校1年生の頃書いていた小説(「虹の妖精○○ちゃん」という題名さ)(今思えば「虹」だなんて!この頃からラルクとの縁が!!笑)等が色々と無事残っていて、その手のものが今、上の娘の大好物。実家に行くと私の部屋から引っ張り出して喜んで読んでくれている。なんだかちょっぴり嬉しいのさー

そんな娘に付き合いつつ、自分の本棚(いろんなものが押し込まれている)を探っていたら、袋に入った大学卒業旅行の写真が一山でてきた(未整理のまま放置)。
うわ、タイミング良し、と思って写真をめくる。

私の卒業旅行は1993年2月末~3月頭、ドイツ(ロマンチック街道)、スイス(ユングフラウヨッホ)、パリの10日間で10万円、という、当時でも破格の値段のツアーだった。ツアーパック、ガイド付き。日航でドイツへの直行便が出来てのスペシャルツアーかなにかだったと思う。
安さゆえか、ドイツで昼夜昼と3回同じメニューが続いて(ソーセージにザワークラウト)、ガイドさんがフォローしきれず焦ってたのも笑い話。
私的にはノイシュバンシュタイン城が一番の目的だった。

メインはドイツで、パリ自体はつけたしみたいな感じのツアーだったんだけど、パリに辿りついた時、あ、ここは歴史と今が共存する街だ、素晴らしい!と再認識(一度目は家族旅行で成人式祝い代わりに行ってた)したのを思い出す。

そのとき、エッフェル塔前で友達とふざけてエッフェル塔のポーズ(手を頭上で合わせる)をして写真を撮ったのを、今回のL’7ドキュメンタリーみて思い出してたの。その写真を探したくてぱらぱらめくってた。

果たして、その写真はあったんだけど、それの自分のあまりの顔のパンパンさ、イモさに驚愕しました。22歳。普通なら番茶も出花っつーか、一番女の子が輝く時期なんじゃないの?私・・・ヤバイワ。笑。
もうね、ほんと遅咲き人生です。笑

なんて思いながらみてたら、なんだこれ、な、人物がうつってない一枚が。
hyde meatbeatmanifest

なんだろうって思って良く見たら、これね、店の入り口横のポスターがいっぱい貼ってある部分の、向かって左端の縦一列が「MeatBeatManifest」(ユッキーが当時聴いてただろうバンド)のポスターなのよ。
その頃、こういう打ち込み系の洋楽を人に教えてもらっては聴いてた頃だったから、あ、知ってるバンドのポスターだ、って嬉しくなって写真撮ったんだろうなあ。写真の日付は1993年3月1日。

パンパンな顔の自分が今に繋がってるってのを感じちゃう一枚でした。
ラルクパリライブの時は、こういうところにラルクのライブの告知が同じように貼られたりしたんだろうか。1993年の頃は日本のバンドがパリに上陸するなんてイメージ全くできなかったと思う・・・。改めて凄いわ。

フランスに2回行っていながら、2回ともばっちりパックツアーだったので、パリのみ、このベルばら好きがベルサイユ宮殿に行っていなければ、もちろんモンサンミッシェルにも行ったことありません。今となっては老後の(もしくは子育て後の)楽しみに取っておくしかないかな。

ベルサイユ宮殿はさておき、モンサンミッシェル・・・いいな、と思いながらも、もしや行ってみたら「うわ、江ノ島に似てる」って思うんじゃないか、というあんまりな考えを捨てることができません。笑。今回のドキュメンタリーを観てても「なんか江ノ島っぽくない?」と思ってるわたし。笑。否定してくださる方、募集中です。


L’7ドキュメンタリーで書いたことへのつけたし他。

tetsuが5万円する服(長袖黒と半そでオレンジ。二つともいっぱいワッペンつき)の大人買いに悩んでたシーンみて、「あら、tetsuにも真っ当な金銭感覚があったのね!」と書いたけれど、結局2枚とも買ったみたいですよ、とMさんからの突込みが。
気をつけてみてみたら、ホントだ、黒を着てるシーンも、オレンジを着てるシーンもあるー!!
ああ、やっぱりtetsuはセレブなのね、と思ってみました。笑。悩んだだけでも偉い、としよう。笑

hydeの、DVDには収録されてない、会場で予告で流れた顔への落書き相手が鹿野さんだった話。
Eさんから、それに呼応する写真が鹿野さんのブログに当時載ってたはず、との突込みが。
ありましたー!!
http://www.fact-mag.com/a-news.cgi?date=2008.04.28
↑この鹿野さんのBLOG2008年4月28日の、最後の写真。このブログ読んだ当時は予告の映像と繋がってなかったんだなあ、自分。ほぼ一年経って真実にめぐりあえました。笑


お友達が当ててくれて、Kenちゃんライブ一日参戦できそうです。嬉しい・・・(&大感謝)
この日は一期一会で堪能してこよう!


さて、世の中はエイプリルフールですね。
私はそういうセンスないので、洒落た嘘のひとつもつけません。残念。
今日一日は気をつけつつ、ネット回んなきゃね。騙されるものまた楽しいんだけど♪

期末でお仕事大変だった皆様、本当にお疲れ様でした!!



スポンサーサイト
02:54 | ラルク | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑
KenちゃんラジオにKenちゃん握手会にVAMPS追加公演発表! | top | 2月3月買ったもの

Thank you for your comments!

#
おはようございまーす。

モンサンミッシェル、引きで見る全体図はなかなかの感動モノでございました。
中にはホテルがあったり急な階段があってそこに休憩してる観光客がいたり…なんていうか原宿の竹下通りを100倍位薄めた感じの風景でした。
上に行き頂上から眺める景色は日本では見られない風景が広がってます。
ゴシック建築が好きなわたくしには、コウモリ骨の天井のアーチだったりミッキーマウスみたいな壁の意匠だったり楽しんでました。

KenちゃんLIVE行かれるんですね!わたくし東京『は』最終日行きます!!!
by: NENE | 2009/04/01 10:38 | URL [編集] | page top↑
# あれが巴里の灯だ
おお!卒業旅行はパリにも行かれたんですね!
わたくしはタイでした(笑)まだアジア圏を出たことが無いわたくしです。ドイツには伯母がいるので一度行きたいと思っているのですが…素敵だなぁ…こうやんさんが何気なく撮られた街角の写真も風情がありますよね。

そして鹿野さんの日記を拝見して、L'7ツアーの時ずっと見ていたはずなのに全然写真に覚えがありませんでした(笑)その頃の自分の日記読み返してニヤニヤしてしまいました。そして鹿野さんの日記の中に自分も撮った同じ場所の写真があったのに初めて気づきました☆なんだか嬉しいです!
by: ちょこ | 2009/04/01 13:29 | URL [編集] | page top↑
#
古い写真ってなんか味があっていいですね☆
私は江ノ島に行ったことがないので比較は出来ないですが、モンサンミッシェルとても素敵なところですよ☆
思ったより小さかったのがびっくりしたけど、そして完全に観光地なのがちょっと残念だけど、歴史の味わいは残ってます。
ノイシュバンシュタイン城すごーく行ってみたいです。
一番行ってみたい外国がドイツだったのにまだ行けてません。いつになるやら。
by: Asa | 2009/04/01 15:34 | URL [編集] | page top↑
# コメントありがとうございます♪
>>NENEさん
なるほど、江ノ島にはあらず、なのですね。
やっぱり次にフランスに行った際には、ベルサイユ方面と共にこっちも制覇しておこう!と思います。

NENEさんはKenちゃんライブ色々行かれるんですね。私は一日だけな分、濃厚に楽しみたいと思います!!


>>ちょこさん
アジアも楽しいんですけどね、やっぱりフライト時間が長くかかるところには、身軽な内に行くことお勧めです!
伯母さんドイツいいなー♪ただの旅行でいくのと、身内の人が住んでいるのじゃ、知れる深さが違う気がするわ。Eファンとしては、ベルリン行っておかなきゃ駄目でしょー(って、私もロマンチック街道ばっちりパックツアーだったので、ベルリン行けてません。笑)。

>>Asaちゃん
ノイシュバンシュタイン城は、私が行ったときは内部の写真撮影禁止で、でも室内から窓の外の風景を撮るのはOKで、無駄な足掻きでとった窓枠の写真が何枚かありました。笑
当時よりも今の方がデコラティブなものが好きなので、今ならドイツの城回り、もっともっと楽しめると思う。本当に御伽噺話のような世界です。
一方でそのパックツアーでは歴史めぐり中心で「今」のドイツを知れるところにあまりいけなかったので、私ももう一度行っておきたい国です。子供連れじゃ難しいから、子供が育ってからだわね。汗

モンサンミッシェル、もいつか。

もうすぐだねー♪私がワクワクしているよん♪
by: kouyansh | 2009/04/02 10:23 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1179-d97e2c45
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。