スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

HYDE BEST ポスター

ようやく一息つけました。

昨日ネタバレ自粛しましたHYDE BESTの特典ポスターはこれ↓なの。
hyde hyde best poster
う、うるわしーっ!!
この写真、パチパチで見てから夢中なのだ。

今のうちの壁はこんな感じ↓(このポスター欲しさに、ZEPPでCDを買ったのさ)
hyde kabe
この横に貼るかっ!と思っていたが、ポスターは画鋲で直貼り派の私・・・
でも、このうるわしいHYDEに画鋲を挿すのに躊躇が・・・
みんなみたいに額にちゃんと入れるべき?(実は額に入れるのが本格的に感じちゃって恥ずかしいの・・・笑)

と、迷ってる話を友達にしたら
(実は昨日は仙台在住の友達が遊びに来てくれて、その準備でパニくってたのだ)
VAMPSのポスターまではセーフだがこのHYDEのポスターはやばくない?、と
冷静な一般人の見解が。笑

やばいかー。やばいかー。
愛しの椿さんからも「娘ちゃんの友達がびっくりして泣くよ?笑」との突込みが。
そっかー。笑
でも、一日のほとんどを過ごすリビングにこそ飾りたい!!笑
とりあえず、お友達の行き来が激しい春休み終わるまでは寝かせるか、と。
ポスター一枚前に右往左往の私なのでした。笑

その友達の旦那さんが、どこかで仙台にHYDEが来ることを知って
「○○さん(私)、また仙台に来るんじゃない?」と言ってたらしいー
(今回は遠征自粛ですー)
仙台駅に貼ってあるらしいVAMPSポスターの告知効果かしら!??

友達が帰ってから、HYDE BEST開封しました。
サーモグラフィックは、子供の手形(娘の手であっためて貰ったの)の形に浮かび上がって、かなりホラーです。笑

私はHYDEのCD、特にFAITHは超ヘビロテしていて、その曲順で世界観ばっちり作って体に染み付いているので、
それが崩された曲順が凄く新鮮。HYDEの意図した通りライブを思い出してドキドキします。
グラスカ(HYDE的には「グラマラス」)は、わたしは少数派であろう日本語詞が気に入ってた人なので、英語詞になったのがちょっと残念だわん。
「稲妻チューズデイ」、とか、「ゆーきはなー」、とか、フックになって耳に残る、コピーライティング(なんて言葉あるのか?)として凄くいいセンスだと思ってるんだけど。
造語好きだからか!?
見渡す限りこの作詞を嫌がる方が多いので、自分がいかに少数派か、身にしみてます。笑
HYDEにはクールな英語詞のほうが似合ってるかな。もうHYDEの曲にしか聞こえない。
クレジット読んでいて、KENKENが参加してる曲があるのにびっくり。初めて知ったわ。

DVDの方は、シングル並べた形になって、これもこれでオーソドックスな「ベスト盤」って感じよね。
続けてPV鑑賞できるのも美味しい。おうちでかけっぱなしにしてそうです。
DVDは昨日一回家事しながら流し観しただけなので(昨日はCD堪能デー)、今日じっくり観ようっと。

他に書きたいこと山積みなんだけど、ひとまず、これにて!
スポンサーサイト
11:15 | HYDE | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑
今日のテレビ(Kenちゃん) | top | 朝一で、きたーっ

Thank you for your comments!

# こんにちは。
いつも楽しみに通わせて頂いています。
hydeさんの情報は、いつもこちらで知っていると言っても過言ではないくらいです。
お世話になっています。

いきなりの質問でスミマセンが、hydeさんの曲でKENKENが参加している曲があるとの事。
BASSのKENKENでしょうか?気になってしまいまして
何の曲でしょうか?
by: MOZZ | 2009/03/18 16:18 | URL [編集] | page top↑
# >>MOZZさん
コメントありがとうございます♪読んでいただけて光栄です。

そう、BASSのKenKenさんです。今回のBESTでアルバムには初収録された、SEASON'S CALLのカップリングだったUNEXPECTED[DIST]に参加されてるよう。シングルではクレジット載らないし、当時のインタ等でも言及されてた記憶がありません(覚えてないだけかな・・・)
なーんて、実は私自身はこのKenKenさんのファンのわけでも詳しいわけでもないんだけど、今までHYDEとの接点を知らなかったので、意外でびっくりした、っていう。K.A.Z人脈なのかなー?

MOZZさんはKenKenさんに詳しいのかしら。接点になりうること知ってたらご教示くださいね♪♪(なんでも知りたがりやな私。笑)
by: kouyansh | 2009/03/18 17:16 | URL [編集] | page top↑
# お答えありがとうございます。
やっぱり、あのKENKENでしたか☆
SEASON'S CALLという事は2006年2月発売ですね(調べて来ました)、RIZE始めた頃かな。

hydeさんとの繋がりは分かりませんが、K.A.Zさんの怪人仲間(hide with SpreadBeaver)のDIEさんがKENKENが15才頃から二枚舌というバンド(?)を時々一緒にやってます。なので、K.A.Zさん繋がりですかね?
私はその二枚舌のSTEVE ETO氏のファンです。(ラルクも大好きです!)

KENKENは17才でSUGIZO氏のツアーに参加していた程の強者で、お母さんは金子マリさん、お兄ちゃんはRIZEのDr金子くん。
hydeさんのレコーディングに参加した頃は、19才になるかならないかくらいだったんじゃないでしょうか。
恐るべしです。

因みに二枚舌では“若”と呼ばれてます(笑)(Voアツシさん→番長、DIEさん→主任、STEVE→監督)。
ライブでは相当に緩く、フリーダムです。hydeさん好きの方には、全くオススメ出来ません!(笑)

長々と失礼致しましたm(_ _)m
by: MOZZ | 2009/03/19 03:23 | URL [編集] | page top↑
# >>MOZZさん
わーい、詳しくありがとうございました!!
私はKenKenさん、RIZEのTOKIEさんの後釜に座った、メンバーの弟、しかも怪しい風体(笑)ってイメージしかもってなくてですね、実は最近森岡賢(←私ファンなんです)参加のセッションライブレポを漁っていたらKenKenさん絶賛のレポを散見して、ん?この人はRIZEの人??ってハテナマークが飛んでたのでした。
凄い人なんですねー。そういやRIZE少し前ピンクスパイダーカバーしてたなー、なんてことも思い出しました。
MOZZさんはスティーブ衛藤さんとラルクの兼ファンなんですね。私スティーブ衛藤さんどっかで観たことあるなあ。どこでだろう?
貴重なお話ありがとうございました!!またコメントくださいねー♪

by: kouyansh | 2009/03/19 10:33 | URL [編集] | page top↑
# STEVE
あっちこっちで叩いてますからね(笑)。人気者です。

兼ファンというか他にもいろいろ、洋邦問わず好きです。
STEVEファンは長い方で16、7年?。でもDavid Bowieやムーンライダースは既に四半世紀越えです(笑)。

STEVEはL'Arcファンには岡野さんとの繋がりで名前は目にしているかもしれません。

二人共ex.PINKで、その後PUGSも一緒にやってます(ホッピーさんも一緒です)。

岡野さんがL'Arcのお仕事を始められて暫くした頃、久々のPUGSのライブがあり、MCで

ホッピーさん『岡野さん、最近儲かってるらしいですね?』

岡野さん『おかげさまで。』

そう言うとメンバーの方を向いて、片手を高く上げ

『さよ~なら~!』
と大きく手を振りながら言い、会場爆笑だったのですが、本当にそれが最後のライブになりました。

数年経ってから
「あれ、マジだったんだ…。」と気付く衝撃(笑)。

昨年、world happinessというフェスで、東京ブラボーのスペシャルゲストとして、そのPUGSラストライブ以来10年振りくらい(?)にBASSを弾く岡野さんを観ました。
相変わらず変なBASSを持って、ニッコニコしてて超楽しそうでした(笑)。

こうやんしゅさんはSOFT BALLETの
by: MOZZ | 2009/03/19 15:19 | URL [編集] | page top↑
#
先日はひっさびさに夢中でステージに突進していきました。KENKENにひきづられて(笑)
ある意味サラブレット。空気を変えちゃうのは、本人がめちゃくちゃ楽しそうに弾くからなんだろうな。
釘付けでした。
母ちゃんも観に来てましたよ(´∀`)
こういう場にいると心地良すぎて一瞬わたしなんでhydeファンなんだろうかと思うくらいだけどどっかで繋がっているんだろうね。(あくまでも私の中だけで・笑)
by: 椿 | 2009/03/20 10:40 | URL [編集] | page top↑
# >>MOZZさん
コメント、最後切れちゃってますね。これ、文字数制限あるのかしら・・・(よくわかってない)
もしよろしければいつか続きを。笑。推測してお返事するに、私はSB熱烈ファンなのですー。

スティーヴさんは元PINKの方だったんですね!岡野さんやホッピーさんしか名前を存じ上げませんでした。
4半世紀って、スゴイワ。音楽ファンの真髄を観る感じです。挙がってる名前、皆「スーパーミュージシャン」として、遅れてきた音楽ファンの私が名前を聞いた事がある方々ばかりです。
ムーンライダースの方がプロデュースした原田知世のアルバムが気に入って、ライブを観にいったら、そのプロデューサーの方をフロアでお見かけしたことがあるなあ。

そういう方がラルクのファンでもある、って凄く嬉しいことです☆
もしや「岡野さんプロデュース」ってことが聴くきっかけになったとか!?そうだったら、なんだかスゴイワ!!
by: kouyansh | 2009/03/23 05:09 | URL [編集] | page top↑
# >>椿さん
ふふふ、そんな情熱的なシーンを観たかったよー!!
HYDEライブの場合は、突進して行きたくても、隙間がないって話もありますね。笑
多方面でKENKEN絶賛話を読むたびに、いつかどこかで目撃のチャンスがないかと思ってしまうわわ。

血筋だけじゃないんだけど、才能の遺伝と、それを伸ばす家庭環境と、やっぱりサラブレッドならではの輝きってあると思うわ・・・。

私もお酒片手にふらふら目を閉じて踊ってるライブが楽しくて、こっちが自分の本分じゃね??と思いつつ、全く別テンションでのHYDEライブへの執着はやめられません。

いつもいつも椿さんがHYDEファンで良かった!って思ってる私です。
by: kouyansh | 2009/03/23 05:19 | URL [編集] | page top↑

Post a comment















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://kouyansh.blog53.fc2.com/tb.php/1168-8f67c8a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。