スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

大晦日。ラピニュ当日

おおお。
2010大晦日、ラピニュ当日(厳密には元旦ライブだけど)がやってきた。
いまから寝るけどね(今午前4時)
2010の取りまとめは、お正月ののんびり時期にやりたいと思います。

今年も、皆様に大変お世話になりました。
今年夏前にツイッターを始めてから、
すっかり更新のんびりになってしまい、
ブログでは拾わないネタも増えてしまったのに、
いつも来てくださる方々に感謝です。。

今年の振り返りと言うより、
ラルクのライブ休止が発表になった2008年5月の自分の日記を読み返してた。
http://kouyansh.blog53.fc2.com/blog-entry-778.html
3年、じゃなくて実質2年半だったおかげで、
ぎりぎり30代のうちにラルクに再会することができたよww

私の誕生日は1月入ってすぐなので、
大台に乗る前にラルクに再会するのはほぼ絶望的だと思ってたのに。笑

しかも、BLESSリリースがあって、休止の寂しさを感じることはあまりなかったね。

今年録画したTVの映像見返していて、
1~2月のBLESSのさまざまなTV出演に挟まって、
1/31のVAMPSでのビルボードJAPAN六本木ヒルズゲストライブ映像が。

思うところあってそのときはブログに書かなかったんだけど、
実はあの日六本木行ってた。
遠くから見守ってた。
HYDEがとてもVAMPSモードに切り替えられるとは思えなくて、
心配しつつ。
そしたら出てきたHYDEは100%VAMPSモードで、ビックリしたんだった。

変幻自在。

きっと、ラピニュでもその変幻自在さで翻弄させてくれそう。

B-PASSの代々木VAMPSライブレポ読んできた。
ライブレポ記事は苦手なのに、あの日のHYDEのMCが書いてあって、一字一句覚えたいって思ってたMCで、つーと涙こぼれてしまった。
いい記事だった。

FAがVAMPADDICTサイトでFA日記の最終回を書いてた。
これまたつーと来た。
私、FA日記大好きだった。
JINちゃんかFAに生まれ変わりたいってずーっと思ってたんだった。
また次読める日が来るって信じてていいのかな。
FAさん、ありがとう。本当に文章がうまいなあといつも惚れ惚れしながら、
更新を決して滞らせない仕事の出来る感も好きだし、
何よりも日記から伝わってくる、嘘じゃないHYDE愛が大好き。

ちょっとVAMPSにゆり戻されながら、明日はラルク。ラピニュ。

私は自分の外出時に夕食を用意しない主義なのですが、
さすがに明日は夕ご飯(結構おせち系)と早めの年越し蕎麦食べさせてから、
家を出ようと思う。
気はせくけどね。。

現地にいけない方に、色々ラルクオフィシャルでやってくれるようです。。
そのときを、共有しようね。。
ラルクオフィシャルサイト
ラルクオフィシャルツイート
お互い、素敵な年越しを送れます様に!!

このブログは自分にとって大事な、心許した場所なので、
ここで時を共有してくれる人にたくさんの感謝をしています。
2010ありがとう。
2011があなたにとってまた、素敵な一年になりますように。。

明日携帯から更新できたら、ぽちぽちやりますね♪
スポンサーサイト
04:50 | 日記 | comments (5) | trackbacks (0) | edit | page top↑

2010冬JACK(20101227@武道館)だらだら感想

ということで、行ってきました、3度目の冬JACK。
到着が遅れてしまったのだけど、運よく開演押してて、入った瞬間、ちょうど一番手SESSION Aの一曲目をやっていた。
ボーカルはポールさん。ドラムは、sakuraっぽいが、もしかしたらsakura似の若い子かも知れぬ、としばし注視して確認したいのに、係りの人にずんずん席まで案内されちゃうのだった。
SAKURAでした。ノースリーブで二の腕露出。満足。

今回の席は武道館の南の最後方だったので、寒いかも、と思っていたのに、既に場内暑い。そして、熱い。
みんなが立ってこぶし振り上げてる。
平日の2時から集まる人は気合が違うんだな、って思った。
席も遅れてくる人が多いのかな、と思いきや、ほぼ埋まって見える。

ステージ真裏の北の1階と、北の2階上部は閉鎖。
去年、おととし、私が居たあたりの席は今回閉鎖でした。
2年続けて、どんだけ悪い席で(いや楽しかったんだけど)観てたんだっていうねw

今年は南になったが2階。スクリーンが左右に小さくしかなくて遠い。

今回のJACK、事前の告知やタイムスケジュールがなかったんだけど、
なんとなく、セッション中心に方向転換するのでは、という予感がしてた。
また、グッズ販売告知がなかったから、ラルクに続きシドも(ドームアーティストになったわけだし)バンドとしての出演は終わりにするのかな、って気がした。

TV局を巻き込む形でグレードアップを続けてきた冬JACK、
さらにここ数年は外様のアーティストをゲストに呼ぶ派手化が進んでいたけれど、
去年でそれがいったん落ち着いたように思えたんだよね。。
今年は夏JACKとの差別化を図るべく、
本来の「事務所の忘年会」の姿に立ち返るんじゃないかなあ、って。。

昨夜深夜のtomoちゃんツイートでtomoちゃんの出演ナシ=Kenバンド出演ナシ、も推測ができて、
ラルクメンバーソロは全部なくすんじゃないかなあ、って。

そしてファンになじみのないだろうセッションの洋楽曲目の事前告知。
JACK公式に貼られたHYDEがやるらしいジューダスプリーストの公式映像を予習してたのですが、
ボーカルの人の服装が怪しい。

http://www.youtube.com/watch?v=YkvEDAg6MWw
http://www.youtube.com/watch?v=ppojl0oXleE&feature=related

思わず、衣装もコピーするかな?と思いつつも
いやいや、冬JACKだからやっぱりゆるく豹柄コートでしょ、とも思っていた。

さて当日。
ポールさんのセッションのあとも、セッション尽くし。
詳しくは公式レポをご参照。
http://www.jack-itb.com/report00.php
セッションBはKenちゃんとさとちのツインボーカルのライズとウィンターフォール。
ゆっけが仕切って、ユッケやシンジが歌ってたときもあった。
さとちは、私たち世代しかわからないだろう、ヒカルゲンジの諸星コス。振り切ってます。
ぎるがめのドラムの子がメンバーを指名したと言っていた。
Kenちゃんは集まって「各バンドのお笑い担当やん!」と趣旨がわかったらしい。
二人のボーカルぐだぐだ。カラオケでうたってるかのよう、まさに宴会芸。
KenちゃんしきりにしきりにKARAのヒップダンスの真似。

ああ、本当に今年は「事務所の忘年会」路線でいくんだな、と確信。
こんなの絶対TVで流せないもん。

続けてセッションC
タツローボーカル。昨日ツイッターで「自分で歌うのはみんな歌える日本の歌」といっていたが、
TOKIOにアイウィッシュ。

アイウィッシュ、私は嬉しいよ。でも、いまや冬JACKの客層の主流は、ムックとシド(更に若いバンドたち)のファンと見受けられ。
実際私の周囲の席の人々も明らかに若い。
ラルクをそんなに持ち上げなくていいよ・・・ラルクファンは嬉しいけど、
ラルクファン以外はこの選曲嬉しいんだろうか、それともラルク20周年にむけて事務所あげてお祝いしようって方向なのかしら、なんて思っていた。

セッションDは告知のあったGAGA。まさかのKenちゃんボーカル。特にテレフォンの方はちょっとぐだぐだ感あったかも。明希さまもかなりコーラス入れてた。

と、ここまでのセッション、ラルクファン的には大大大満足だったわけです。
その後、ゾロ、クリクリ、ギルガメときて、
マオにゃんの一人ど演歌。(上手花道からせり上がり、スモークの中ステージ中央へ歩んで歌う)セッションE

ムックでこの日一番の盛り上がりを見せて、
セッションF

なんと、私、一人ぼっち予定だった冬JACK、
席に着いたら後ろから背中たたかれて、なんと真後ろの席が知り合いだった!!
その知り合いとセッションF前に話していて、
まさかジューダスプリーストの衣装はコピーしないよね、と。
いっそ(PVの通り)鞭をもって振って欲しい、なんて話してて、始まったら、

ちゃんと衣装までコピーしてるHYDEがいたー!!
そのむきむき二の腕に、右腕のとげとげに、軍帽に、眼帯に、乾杯っ♪
さすがに鞭はもっていなかったものの、いつもの豹柄コートゆるゆるHYDEとは一線を画すHYDEがそこにいました。
そしてHYDE、本気で歌い上げて、クールに去っていった。
それ以前のセッションのぐだぐださにくらべ、HYDEの本気度が本気で可笑しい。。

そして44。スティーブとレイ君のツーショットがうるわしい、なんて思っていて。

そしたら、次はオールスターズでした。えええっ。
その時点で7時半くらい?
例年終わるのが10時を超えるのに慣れてるから、観客一同ぽかーん。。。
冬JACKの歌をボーカル陣が変わる交代に歌い、ボール投げておしまい。。
HYDEは黒っぽい服に赤い線のはいった上着はおって、サングラス。
下手花道先では、どこからともなく現れたユッキーと一緒
ユッキーつるんとした金髪にサングラス、首元白いファー?のついた上着で、ボールを直滑降でアリーナに投げ下ろしてた。。

で、おしまい。
終わった瞬間でも8時前。
場内からはエーの声。すぐアンコール求める声。が、終わり。

想像はついた流れだった。
そして、この「事務所の忘年会」という位置づけにする、という方向性は、
私はいい、ありだと思う。

が、この方向性でいくならそれでよしとして、何故終演時間がこんなになっちゃった?
イベントの流れとして、初盤あんなにもりあがったのに、あまりに尻すぼみすぎて、しっくりこない。
仕切ってる人、誰だったんだろう?

それから、「期待させて落胆させる」のが一番良くないんだから
一番客が期待してたであろう、シドの出演がないことくらいは
ぎりぎりになってからでもはっきり告知しちゃってよかったんじゃないのかなあ。

とまあ、皆の不満はわかることとして、
ラルクファン、HYDEファンとしては十分に楽しめるものでした。
この冬JACKの方向転換はありだと思う。
私はセッションこそ楽しいので、満足だし、来年も参加したいと思うよ~

今回のブーイングは、
方向転換時の痛みとしてやむえないものだったか、とも思いつつ
やっぱりもうちょっとショックを和らげる方法はなかったのか、と思うわ。

以上。

いよいよラピニュを残すのみだね!!
04:46 | ラルクライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

MステSP

冬JACKに向かう電車の中です。今年も一人ぼっち参戦f^_^;。

一人でもこの長丁場参戦したいと欲するのはよっぽどこの事務所イベントが自分にあってるんだと思う。全部休み入れず観たいから、逆に人を誘いづらい状況にもなってるのだが。

さて、MステSP観ました!
夕方家で子供の友達呼んでのクリスマスパーティーやったので、日中はかなりバタバタしつつ、内心Mステへの期待でテンションおかしくなってた。

オープニングは生で見逃し、皆のハイドの服装評に?となりながら、金スマ青木さんも見ながら、子供の世話しながら、出番を待つ、そして。

ハイド、美しい・・・・!!!
余りの肌つや、美貌に、絶句。
服装も私は好きだー!!

ただ、実は、パフォーマンスとしては、イマイチだと感じたの。

と、Mステをこの数日間ひたすらリピートしながらそう口にしたら、オットに笑われました。

生で演奏シーン観てる時の私は、ソファからずり落ち、TVの前ににじり寄りながら尋常ならざるテンションだったよ、って。それを何今いってるの、って。

わはは。

もう要求が高いからさ。
ライブレベルを期待してるからさ。

Mステ出演はやっぱり祭りだったと、ただただリピートが止められないこの数日でした。

さて、九段下!
14:10 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

LIVE ADDICT(VAMPS BEAST代々木最終日12/8)

明日クリスマスイブはラルクが出演するMステ。
今日がVAMPSに浸る、自分が決めたリミットの日。
もう、かなり薄れた記憶の中から、代々木最終日の思い出を今更綴る。

代々木最終日。水曜日。
ぎりぎりの入場だった。
北1階スタンドD。相方ちゃんと。
ちょうど通路(階段)の横の席。
ライブ始まる直前、通路の横を彫り師の井上さんらしき人が降りてって、おお、と盛り上がる。

そしてライブ始まる前から、
アリーナは燃えてた。
そこかしこ、後ろの方のブロックでも円陣が組まれ、
それまでの三日間とは、気合が違う。

円陣、ヘドバン、土下バン、ダイブ、肩車、しまいには縦柵にまたがってのヘドバン、
水着散見、獅子舞のように振られるヘドバンの長い髪。
みたことのない、様相だった。
まさに、LIVE ADDICTによる祭り、だったな・・・
HYDEが求めていたファンのノリが、結実したなって。

私自身は「個」でノルことが好きなので、
実際自分がアリーナに居ても円陣等には参加しなかったと思うけど、
でも、アッパレ、と思った。
そしてスタンドの隅々も盛り上がってた。
途中HYDEが奥まで盛り上がってるのが見える、っていってた。
そのとおり、スタンドの端の壁は黒いので、
飛び跳ねてるファンはくっきりと見えるのだ。
隅々までVAMPSファンで埋まってた。

ファイナルライブ。
JINちゃんが、終わった後のツイートで「しんみりした雰囲気とかはない」と語ってくれてたけど、
でも、そんな事いうメンバー自身の目がうるんでるんだもの・・

JINちゃんは「今日はあえて普通の声で」と作った声でないMCをしてくれた。
後でツイッターで語ってくれたけど、当日ツイッターでファンが飛ばしたTHANK YOU VAMPSというタグの言葉を意識して使ってくれてた)
最後の最後で噛んじゃって「はっはっは・・・」とごまかしてたw
アーリーはいつもどおり、過剰にならないあっさりとしたMC、
JU-KENは相変わらずの情緒たっぷりの「3年」を語るMC、(JINちゃんを酒癖の悪い姉ちゃん呼ばわりw)
HYDEは「2年半」(3年も使わせてもらってないよ~の思いがあったのか、執拗に2年半と何回か繰り替えしてたのがチャーミングw)を語るMC。やりたいことをやった、みんな仲間だ、と。
静かに始まったKAZのMC。「HYDEは寝る間も惜しんで色んな企画を考えてくれて」声が震えてた。泣くのを我慢してたんだ、って私は後から気づいた・・

MCのすべてを記録したい、と思うほど、一つ一つが震えるMCだったのに、今となってはかけらを思い出すのでさえやっと。
でも、メンバーのこの2年半の充実感と、ファンへの愛がつまったMCだったのだ・・

セトリ
1.DEVIL SIDE (ポップアップでのスタートだった)
2.COUNTDOWN
3.DOLLY
<MC>
4.THE PAST(目が光る特殊効果は今日はここで)
5.TIME GOES BY
6.GET UP
7.HIDEAWAY
8.IT'S SAD
9.SAMSARA
10.MY FIRST LAST
11.MISSION
<MC>
12.HUNTING
13.ANGEL TRIP
14.TROUBLE
15.Lucy in the sky with Diamonds
(途中、アーリードラムソロコーナー。ハピバサプライズ)
16.MIDNIGHT CELEBRATION
17.KYUKETSU
<アンコール> (幕間コント?でHYDE、KAZの頬にキス)
18.REVOLUTION
19.MEMORIES
20.SWEET DREAMS
21.LOVE ADDICT
22.SEX BLOOD ROCK'N ROLL

衣装
HYDEは、2008のライブDVDでも着てる、片腕が赤色だったり、豹柄だったりの切り替えが激しい透ける多分イフのシャツ
(ラブアディクトPVのと似ているが違う)
後は・・・全く覚えてない・・・(おーい)

迷って代々木全通を決めた私。
最終日の今日、4日連続で私の大好きなPASTをやってくれた時点でぐっときた。
そして、涙をこらえてきいた、明るくも切ないメモリーズ、
に続いてはじまったスィートドリームス。
涙腺が決壊した。
私だけじゃなくて、あの場に居たほとんどの人の・・
ラヴアディクトのイントロの二人向き合ってのジャッジャ。
代々木になってからJU-KENが参加しなくなって、二人でになってたように思った。
これが最後のジャッジャなんだ、と思ってるかのような二人。
そして、最後の最後、肩にあごを乗せあってのハグ。

代々木4日間、初日だっていいライブだったんだ。
でも、観客のパワーが余りに違ってた。
富士急の大雨のときも感じたんだけどね・・・
ライブって、観客の強い愛が溢れてるとき、化ける。

いつも、自分の好きなアーティストに、
超然としていてね、ファンの言に左右されないでね、と、
思ってしまう自分なのだが。

この日だけは、やはり空間が違かった、
そこに充満している気体が違かったんだとしかいいようがない。

LOVE ADDICTの題名をつけるとき、HYDEが「LIVE ADDICT」とどっちにするか迷ったんだ、と言っていた。
あの日の観客はまさに「LIVE ADDICT」だった。
2年半前の観客とは佇まいが違っていた。
VAMPSが育てたんだよ。

途中、A2ブロックで前日と同じ「VAMPSありがとう」の垂れ幕がかかり、
HYDEは前日のように詰まったりはせずに歌いきった。
同じかよ、って思ったとか、どこかで言ってたかな。
泣きそうになるから見ないで歌った、とどこかで言ってたかな。
こちらこそありがとうだ、とこの日のMCでも言ってたと思う。

私はVAMPSにありがとう、と言いたいとはちっとも思わないんだよね。

ただ、大好きだ、って言いたい。
05:55 | HYDEライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

富良野VAMPSディナーショーレポ

私はもちろん行ってないのですが、
行かれたネロさんが懇切丁寧な長編レポをあげてくださってます。
お願いしてLINKの許可、頂きました

富良野VAMPSディナーショーレポ 目次

写真たくさん、主観入りすぎず、
もし、心にちょっと複雑な心境がある人でも、
心地よく読めるレポにしてくださってます。

私は自分が行かないライブ等に行く人に気軽に「レポってくださいね~」と声をかけてしまいがちなんだけど、
本当はそれはその人だけの大切な宝物のような体験で、胸のうちに秘めておきたい時もあるのですよね。
それをレポって、と安易に言ってはいけないのだ、と今回反省することがありました。
(ちなみに私はレポしたい人なので、自分がそう声かけていただけるのはむしろ嬉しいのですが)

大切な体験をおすそ分けしてしてくださることに心より感謝です。
愛のあるレポ、ありがとう。。


11:58 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

「MEMORIES」発売!

代々木ライブ、ライブ毎、次のライブ前に綴っておかなければ記憶が混じってしまう、と
自分の記憶を書き留めるのにちょっと必死で、
最終日、・・・集大成にふさわしいライブで、
すぐに焦って感想を綴るのが勿体無く感じて、
ちょっと余韻に浸っていたい・・・そうしたあとで、
自分の記憶に残ったものこそ書こう、なんておもって、時を過ごしていたら、
日常に飲み込まれてました・・・(子供インフルエンザ・・まだ出席停止ですが、復活しました♪)

発病が一週間ずれてたら代々木行けなかったな、って、
富良野万が一申し込んで万が一当たってても行けなかったな、って
思ったりもしつつ、
心HYDEに持ってかれてた先週分を埋め合わせるがごとくのママモードな今週を送ってます。

と、いいながらも、昨日、シングル「MEMORIES」フラゲ日。
シングルは通販せず店頭で買う派なので、どこにも申し込んでなくて
うううこの状況でどうやってCD屋に行くんだ~とフラゲした皆のツイッターを指くわえて眺めてたのですが、
オットの帰るコール時に駄目元で頼んでみたら、買ってきてくれたよ~♪
日付が変わるぎりぎり前に無事フラゲ♪

GYAOでメモリーズのPVみて感想をつぶやいてたら、VAMPARKに行った友人たちが
「PIANO DUETのPVと繋げて観たら、更に伝わってくる」といっていた意味がわかった。
それから、DVD終わって待ってたら・・メニュー画面も凝ってる。。
まさに「MEMORIES」

ツアーの序盤に聞いてたときは、あ、HYDEの少年時代の(夏休みの)思い出の曲だな、と決め付けてたのに、
ツアー最終日のこの曲の響き方ったら、なかった。
明るいのに限りなく切なく響くこの曲を涙こらえ聴いた後に「SWEET DREAMS」が来た瞬間、
あの場にいた人の大半の涙腺が決壊したんじゃないかな・・・

MEMORIESのPVにはATのPVほどのぶっ飛び感はないんだけど
(ATのPVの凄さをいまさら実感もしたw)
スイドリとはまた違う思い出の綴られ方・・・

ヨーロッパなのにがらんとした空虚感漂うモノクロな風景に、ベルリン天使の詩を彷彿としたりした。

素晴らしいエピローグだよね。。

ライブDVDが出るまでの日々、「MEMORIES」に浸っていたいとおもう。



てっきり富良野に向け準備してるのかとおもったHYDEが急遽福岡のラジオの生放送に出現して度肝を抜かれた金曜日、
偶然に耳にできたそのラジオのしゃべりは、
肩が抜けた、いつも攻めモードのVAMPS調とはちがうHYDEだった。
ハイド本来の素の感じのしゃべり方。
観覧できるスタジオだったのに、サングラスもしてなかったんだって。

ツアーファイナルの感想を吐露してくれてるそのラジオは、
これまたエピローグに感じた。
満足のいくツアーファイナルを終えて、
戦いの手を休めることができる境地にいるのかな、って。。

(そして一応やっぱり貼っておこう、その次の日のyasuとのプリクラツイート。
http://twitter.com/VAMPS_BEAST/status/13603203702591488


そしてカップリングのGET UP日本語バージョン。
NHKでやってるアニメ「バクマン」で流れてる(しかもHYDEじゃない人が歌ってる)と
かなり前からうわさになっていて、
それだけかと思いきや、HYDE自ら本人役で声優デビュー♪

声優は「速水奨」しか知らない私ですが
今のアニメ好きの方々には燃えるニュースなのかしら?
今週月曜日発売のジャンプにも見開きカラーでHYDEインタが掲載されてる
HYDEの声優出演部分はとりあえず来年以降放送分のよう?
色々ニュース貼り付けておこう
TV LIFE(HYDE曰く「かわいらしい企画」)
ザ テレビジョン「今度は萌えキャラに挑戦したい」
(初めに出てたBARKSのニュースとちょっと言葉が違って面白い↑)

GET UPの日本語バージョンは、
代々木ライブでは、私の雑な耳では聞き取ることができず(・・・オイ)
歌詞カード見ながらCD聴いて、ようやく、ああ、と。
声優さんバージョンとがっつり聞き比べてみたい気もするね。


さて。
こんなことかいてる間に。
そろそろ富良野では、ディナーショーの開催時間が迫ってる。
スタイリストさんもヘアメイクさんも行ってるらしいのは、
打ち上げだから、ゆえ?
昨日行われたらしい秘密の撮影のため?
今日のディナーショーの為?
スタッフのツイートをつまみ読みしながらの夜になりそうです。。

今週中にはちゃんとファイナルライブの感想、自分のために綴っておきたいな。。
あっぱれLIVE ADDICT!なライブだったから。



(いつも拍手くださるc…aさんへ
いつも一方的に愛をいただくばかりで、ありがとうございます。
拍手はレス無しと決めているので反応せず、申し訳ありません。
頂く拍手にいつもいろんな思いをもってありがたく読ませていただいてます。
そして、おめでとうざいます!
ただ、mixiは詐欺の温床でもあるので、できるかぎり対面でおこなってくださいね、と老婆心してます。。
幸せを祈ってます)
18:09 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ぎっしり(20101207代々木VAMPS3日目火曜日)ネタバレあり

代々木三日目。一人参戦。南スタンド1階J。

HYDEが昨夜のピカで「俺のカッコイイと思った流れをやる」「俺の美学を観て」というから、
ライブハウスで主流だったセトリの流れになるのかな、と思ってた。
今年私はライブハウスライブではなかなか好みのセトリに当たらなかったので、
私の今聴きたい路線と、HYDEのやりたい路線にはズレがあるのかなあ、と思ってた。

でも、私は土日のセトリがとても好みだったから、
PASTも両日聞けてたし、
今日はPAST聞けなくてもしょげないよ、なんて思ってた。
どんな曲がこようと、うけとめるぜ!なんて気合いいれて。

でも、4曲目。
全スクリーンが深い赤に包まれて、
HYDEがなにか一言MCして、
始まった THE PAST。
なんだ、ズレてないじゃん、って。
観客の手拍子(ない方がいいと思ってた)無しで始まったTHE PAST(イントロ短くなってた?)。
上部のスクリーンには歌うHYDEのモノクロームな映像が映る。。。

泣けた

続くはSECRET IN MY HEART。これまた好きな曲。
また泣いた。

サンサーラ、マイファーストの後に鐘がなった、と思ったらJESUS.
このJESUSについてのla pluieさんのブログが秀逸。
うん、その通りだった。


今日の私の席は南スタンド(JU-KEN側)1階J。
スタンドでもかなりのステージ寄り、でもぎりぎりスクリーンを見れる角度を保っている。
アリーナAの横のあたり。
目線の高さがそんなにずれてないせいか、距離以上に近さを感じた。
そんなのも心揺さぶられる原因になったのかな。。

どこかの曲間で、HYDEが床に座ってるシーンが見えたり・・

終盤メンバーが投げ出した光る円盤、
KAZが投げた円盤が観客に向かったのに結局ブーメラン状態でJU-KEN前にぽとっと落ちたのをからかうJU-KENの表情が見えたり。

メンバー同士のアイコンタクトが見えたり・・


そして、後方に目をやると、アリーナの人の顔が見える。
そして、アリーナってあんな後ろの方まで人が入れられるんだ、というくらい隅々まで人が入ってて、
スタンドも隅々まで人が入っていて、
土日だって、ほぼ入ってたんだけど、
昨日はまさに代々木満員だった。
そしてみるかぎり、隅々まではじけてるように見えた・・

今回チケット販売では先に火曜水曜(ファイナル)を売り、
そのごその前の土日(B&B)を売ったから、
平日にもかかわらず今日の方がファン集結の勢いを感じた。
なんだか、みんな熱かった。

それはHYDEにも伝わっていて、
「今日感動した」
「なにかいいたいことがあったんだけど忘れた・・(散々じらし、足音を地震?とふざけてみせるお遊びもありつつ)今日のライブ、ZEPPみたいやな、って思った」

そしてラヴアディクトで盛り上がってたA2(ダイブやら円陣やら肩車やら)で横断幕が出て、それを見てHYDEが声を詰まらせる一瞬があったらしい。
これについてはHYDE自身が夜中(01:55)にツイート
http://twitter.com/VAMPS_BEAST/status/12188435766837248
「今日 前のブロックの垂れ幕にやられた [VAMPS…]後半がくしゃくしゃだったから、何だろっておもってたら(ありがとう)だった。 不覚にも一瞬歌えなくなった… それはこちらのセリフだよ。 ありがとう☆ 今日は最高だった。 また明日!」

・・・不覚にもこのシーンを見逃し聞き逃した私である(爆)ああああああ。
これが今日のライブの肝よね。あああああああああ
いいんだ、私にとっての肝はTHE PAST~SECRETの流れだったんだ、と思うことにする。

当初チケットが届きだした頃、私のTLではスタンド席の人が目立ってて、
VAMPSじゃ代々木のキャパ(しかもアリーナをスタンディング使い)は埋められないから、アリーナのつくりを小さくしたんじゃないか、と疑ってた。
が、VAMPSでこれだけ集客できるんだ、ってのを見せ付けられたなあ。。。


今日の衣装
HYDE
モノクロの豹柄ふんわり透け感のあるブラウスを前開けて羽織って
袖を止めるように左手首の服の上からしてるスタッズつき幅広ブレスがお洒落だなあ、って思った日が他にもあったな。。
指輪はいつもと同じ。(左薬指リリス、右薬指アレックス。小指は見落とした)
髪は外はね。前髪も斜めに下ろし、お洒落雰囲気。メイクはつり目風。今日は美人さんでした
ピアスは赤。三日間これ。
パンツはぴったりとした灰色?
マイクスタンドのバラ、土日は赤だったが、今日は青かったように思う。。。

KAZは肩のくりの大きいタンクだったとおもう・・
フライングVの青色の使ってた。。

JU-KENは自分のグッズのT長袖Tシャツを首回り大きいVネック状に、左肩だし、背中もダメージでたくさん露出、パンツの丈も細身で、髪が短くなったせいもあって、雅っぽいたたずまいに見えたなあ。。

アーリーは黒シャツ。髪型は今日も編みこみふうハーフアップ?

JINちゃんは襟にすたっずがついた黒いロングコート。今日はいつもよりモヒカン度合いがパワーアップしたように思えたけど、髪を左側に流してたせいかな?

今日のセトリ
1.DEVIL SIDE 棺おけが二つ出てきて、チューブで光を注入され開く、というオープニング、床下からプッシュアップで棺おけがリアルに出てきててその中にHYDEとKAZが潜んでいる、二人が登場後蓋が元にもどり、棺おけは舞台下に沈んでいく、という仕掛けが目視できた
2.REDRUM
3.DOLLY
<一言だけなんかMCがあったのだ・・>
4.THE PAST  手拍子無しに始まったのが嬉しい。赤い背景にマーブル模様が下からあがってくる。上部スクリーンに歌うHYDEがモノクロにうつる。。今日の一番はこれ。
5.SECRET IN MY HEART HYDEの目が光る。KAZ刺青光る。
6.PIANO DUET  歌い上げるHYDEの顔がスクリーンに
7.GET UP  曲始まる前に、上手で腕を上げてKAZアピールタイム。ここらへんかなあ?HYDEがマイク前の床にぺたんと座ってた
8.VAMP ADDICTION
9.IT'S SAD このイントロこそ「狩る」顔なんだよなあ・・
10.SAMSARA
11.MY FIRST LAST
12.JESUS CHRIST 鐘が鳴ったとおもったら、背後スクリーンにさまざまな宗教的な絵がフラッシュバックのように映し出される。HYDEの歌は感情重視。メロを変更して歌いきってた
<MC>
13.HUNTING すごく長かった気がする。北スタンドK(もろ花道目の前の、見切り席ではあるが近い席)の最前の子達が最前のスペースを利用してスタンドにもかかわらずライブスタートから小さくモッシュ大騒ぎしてたのだが(KAZがHYDEに贈られてきてたビッグTを身に着けてた)、ビキニ姿に!HYDE最後は観てたかな?
14,ANGEL TRIP
15.TROUBLE
16.LIVE WIRE  これまた頭の方の高音ださず。中盤もメロへろへろ。ギターも酷かったらしい。。が、熱かった。
17.MIDNIGHT CELEBRATION
18.KYUKETSU    
<アンコール> 今日は寒かったためか外ではなく建物の通路にソファが。アーリーはバイクにまたがり。はじめはKAZがいなくて変わりに蛙の人形が。途中でKAZに早代わり。HYDEも蛙のぬいぐるみ(色違い)もってて、さかさにつるしたり、ぬいぐるみたたいてみたり、蛙同士チューさせた挙句、HYDEが蛙にチューしたり
19.REVOLUTION でてきてすぐ、皆で円盤投げあげあう~
<MC>足音を地震と見立てて遊びってここかな?(ちなみに足音を初日は地下鉄と例え、二日目三日目は地震と例えてる)HYDEの素直なMC、今日はZEPPみたい、とか、今日感動した、とかもたぶんここ。
冬だけど夏のライブツアーの気がしてる、夏が終わる、とも言ってたな。
70本?たくさんライブやったけど、飽きる事なかった、って。
「夢をかなえたら次の夢が見えてくる」って語ってた。。
KAZコールがして、みな足音だし、KAZも呼応して足踏みしたりするが声は発さず。代わりにHYDEが「KAZはライブ前にいつもやる習慣があって、「アミノ酸どこ~アミノ酸アミノ酸」と言ってる、と話してた。
20.MEMORIES
21.LOVE ADDICT  曲中HYDEがぐっとする瞬間があったのはここ
22.SEX BLOOD ROCK N' ROLL

ちなみにメンバーは下手の奥へ消えていき、下手の横、サイドスクリーンのすぐ後ろにも階段あってその下に樋口さん他スタッフが潜んでいるのであった・・

MCしてると鼻声→枯れた声に移行してる気が・・
歌のときは感じないんだけど。。

昨日スタンドで見てたんだけど、日曜日のスタンドより断然踊れた!飛び跳ねられた!
ポイントは、荷物を少なめにして、はね上げ式のイスをできるだけはね上げておいてスペースを確保することかな、と。


今日最終日は1階スタンドの中盤よりちょっと遠いくらい?の席。
VAMPSライブとはしばしお別れ・・
悔いなく、味わってきます。。


15:40 | HYDEライブレポ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ハイシカ(20101205VAMPS代々木二日目日曜日BEAUTY&BEAST)ネタバレあり

(このレポを書いてた夜中、ピカってました。詳細は一つ前の日記をどうぞ!血文字4個ありです)



ハイモバダイアリーの「チケットのはけがわるくてもやるよ笑」の言葉。

ライブ前日の真夜中4時につぶやきに来る、その思い。

代々木体育館の巨大なキャパでのBEAUTY&BEASTと、人の頭の上を歩きたい(ファンのいう「ハイシカ」)、というチャレンジ。

成功して欲しい、それを見届けたい、と思って望んだライブだった。

自分の席は南スタンド1階C。
アリーナは思ったよりずっと埋まっていた。これが全部BEASTだとしたら(招待客が多かったとしても)今までライブハウスで2回やったメンズライブと桁の違う人数を集められたんだな、と思った。

そして、思ったよりずっと早く、その「時」はやってきて。

HYDEが人の頭の上を歩きたいと語りだしたら、A・Bブロックの中央ブロックのメンズがHYDEの前に縦に固まりだした。気が早く手をもう頭上に上げてる人多数。

AとBの間にある通路をどう埋めるのかと思っていたら、Aブロックのサイドのブロックから人が通路へ大量に流れ込み、ブロックの間をつないだ。

道は作られて。でも、縦に人が固まること自体があまりないせいか、なんとなく道は揺らめいて安定しない感じに見受けられて。(皆が頑張ってるのも伝わってくる)

一歩目がなかなか踏み出せなくて、はらはらした。私は大阪のハイシカを観てないから、こんなに揺らいでていいのかがわからなくて、手に汗握った。

ハンティングをやりながらのハイシカ。

見るからに不安定で揺らぐその縦の道を、マイクをもって、黒い貴族風長いシャツを前開けで羽織ったHYDEが進もうとする。

一歩進むごとに、手をつき、また歩いては手を付き、しりもちをついてしまうことも。。転がってしまうこともあったかな。。

スタンドの私達はただ、上げて上げてと声を出すことしかできず。。

「道が高すぎる。手を高く上げないで」

いいながらも歩み、ブロックBの後方にスタッフが走り、

ほぼBブロックの最へりまでいって、HYDE
「帰り歩くのは諦めた、流してくれ」と。
その計画の変更が、なんだかチャーミングだった。。

うまく流れず、足を折る形になったり、前へ流れなかったりしつつ、最後はステージ前で待ち受ける林さんのもとへ。。

HYDE、なんとかハンティングを歌い続ける。黒いブラウスは右脇下大きく、左脇は小さく破け、肌露出。。

100%成功ではないのかもしれないけど、十分、やってのけた、と思った。

ライブ後のツイートでスタッフさんたちが
「やっぱしボスは凄い」
「ちゃんと夢みせてくれるし、自分の夢も実現させるし。改めてすごさを実感したライブ」
と語ってるのが、ジーンとした。。

セトリは4日のセトリにBEAST曲を全曲演奏するため入れ替えたようなセトリ。
よかった。

セトリ
(始まる前、大量のダッチワイフがアリーナを舞ってた)
1.DEVIL SIDE
2.REDRUM (カウントダウンと入れ替わり)
3.DOLLY
<MC>ここでね、スクリーンすべてが赤色になり、黒でピアノの鍵盤のように縦に線がひかれた風景になる。
この赤がかっこよい。4日もそう思っていたのを、書き落としていた。
4.THE PAST (このパスト、秀逸。この位置もよい。赤バックに黒のマーブル模様もくもくとあがる)
5.RUMBLE  (これもよかった。私はライブハウスの演出が苦手だった~)
6.PIANO DUET  (上のスクリーンに歌うHYDEの顔がモノクロームのように。よかった。。)
7.GET UP  (今日一番の曲。スタンドの前の空間にパワーが満ちる)
8.VAMP ADDICTION
9.IT'S SAD
10.SAMSARA (ここら辺は一切ステージ実況スクリーンなし。ただ音と対峙)
11.MY FIRST LAST
12.EUPHORIA (白く発煙する影とハット被ったJU-KENの煽る姿が、ディズニーランドで魔物を操る悪者の姿に模して見え。)
<MC>
13.HUNTING (ハイシカ実行)
14.ANGEL TRIP (タオルを回すBEASTたちがど迫力。圧巻)
15.TROUBLE
16.HIDEAWAY (これも昨日なかった曲)
17.MIDNIGHT CELEBRATION
18.KYUKETSU

<アンコール>バイク映ったあと外のソファ。KAZの右側に座り、膝枕をされるHYDE。猫パンチしつつステージへ。
19.REVOLUTION (足音を「地震?」といって遊ぶ)
20.MEMORIES
21.LOVE ADDICT
22.SEX BLOOD ROCK'N ROLL
 (最後、お立ち台の上で横になってた)


実質スタンドで見るVAMPSが初めてのことに、ライブ始まってから気づいた。
(去年の武道館でスタンド席の日が一日あったが、前が1メートル以上幅のある通路だったので踊ることにストレスゼロ)
私はあまり手を動かさずにのる人なので、足が動かしづらいこの状況でどうのればいいのか難しく。
銀座のディスコのお立ち台の姉ちゃん達(下品系でなく、コンサバファッションでアンニュイに踊ってた)の踊りを思い出したり・・・

このライブは1月あけてすぐWOWOWでの放送が決定になってるので、詳細はあえて綴らず。

ライブ後半、アリーナがどんどん熱くなっていって
ダイブも多発して、肩車や、メモリーズで何人もが肩組んで歌ってる風景や
よかったなあ。。

服装
HYDE:髪外はね。黒貴族風グラウスを前開けて。下は灰色パンツ?
KAZ:半袖だった・・
JU-KEN:羽根突きシルクハット。アンコール後はフード付きノースリーブ。
アーリー:前半白い革ジャン?的トップス。アンコール後上半身裸
JINちゃん:黒のスタッズ付き革ジャン。

MC
また帰って来るから貯めてまっとけ。
いつもしないセクシーな格好してくれてありがとう・・

ハイシカの成功を願って、
会場が一丸となったライブだった。。
HYDEの夢をかなえてくれたBEASTたちに、感謝をいいたい気持ちなのだ。。。



03:43 | HYDEライブレポ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

籠ピカ (追記あり 消灯しました)

今は血文字2個かな?
また後で追記します(3:00)

03:28追記
消灯しました。
今日のピカ。

02:20ピカ

血文字4個。

No.119293 2010-12-07 02:38:13
No.119324 2010-12-07 02:49:57
No.119379 2010-12-07 03:05:56
No.119438 2010-12-07 03:19:24

03:24消灯


B&Bライブの感想と、明日(日付今日)のライブのことを書きに来てくれた。
お戯れ系じゃない、ちゃんとファンに思いを伝えなければ、と来てくれた
ピカに感じたな。

こちらこそありがとう。。
よい夢を。
明日あさってのライブ、楽しみにしてます~
03:00 | HYDEピカ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

今夜9時~日テレ「深イイ話」でハロウィン物真似話

ツイッターで教えてもらったのですが、
今、日テレでやってる「人生が変わる1分間の深イイ話」という番組で
あのハロウィンの物真似の映像が流れるよう!

「鳥肌が立つモノマネ芸…ラルクアンシエル・ハイドのモノマネで本物のライブに潜入』12/6本日よる9時~日本テレビ系「1分間の深イイ話」にてVAMPS主催ライブに出演した際の秘話を披露。」

急いで!
21:05 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

VAMPS BEAST 代々木第一体育館 初日 20101204(土)ネタバレあり

ネタバレしてます。










今回のアリーナライブは演出がすごいからネタバレしないほうがいい、って涼さんに助言されて、
できるだけネタバレせぬようすごした一週間が報われた。

急遽相方にしていただいて、アリーナB2で観た今日のライブ。

16:66にライブスタート。
その時間表示が映る、透ける網状のスクリーンの後ろが既にサイバー。
昔より
カッコイイ>可愛い、
SF>ファンタジー
だった私には、実は断然こっちが好み。

16:66に緑の小さい無数の光が尾を引いて時計回りに終結し
(おたまじゃくしにも見えた)
光の4本の手が二つの棺桶を運ぶ映像。
このサイバーの状況でも棺桶!と思いつつ、
開いて二人が出てきた。

服装他
HYDEは最近お気に入りの黒いフード付半そでのすその長いカーディガン?を前空けて羽織り、はじめの一曲はフードも被って。右肩までよくはだけてた。ごつい首飾り。途中で気づいたけど赤いピアス両耳。右手にアリーナグッズのスカルリスバン。左手薬指アレックス、小指と右手薬指にリリス。メイクは立体的に薄い。そんなに黒囲みじゃない。

KAZは白いタンクの下に黒いタンク、首にスカーフ(って言わないよね、いまどきの言葉わからんw)
JU-KENは自分のグッズの長袖Tシャツを首回り、左肩、切って刺青を露出。背中も網状に切ってた。
アーリーは茶灰色の長袖T。文様あり。髪を編み込みでハーフアップ?していてしゃれっ気ある感じ。
JINちゃんはモヒカンを左斜めに下ろした風の髪型。黒い服。


序盤はステージを写すスクリーンなし。
ステージ奥とサイドのスクリーンを使っての演出映像。何曲かはそこが何かの基地であるかのようなサイバーな風景が映し出されていたのかな・・

その後、ステージ上方のスクリーンが上に上がり、ステージを映し出すスクリーンとして使用。(といってもそう使われる曲は限定されていて、半分以下)
HYDEのアップが映されてはじめて、それがなかったことに気づいた。
それくらい、ステージの演出に見入っていた。

カウントダウンの演出もすごくて、曲としてはそんなに好まないカウントダウンに痺れた。

どの曲だろう、サイドの網状スクリーンが閉じてドラム&キーボードはその後ろ。
その背後の網にフロント3人の影(ただの影でなく光たなびく影)が映る演出がかっこよすぎた

豹柄模様がサイドのスクリーンに出たときも。

唐突にセトリ。

1.DEVIL SIDE サイバーなステージにこの曲が映える。
2.COUNTDOWN 同じく。今まで聞いた中で一番いかしたカウントダウン。炎がぼっと上がる演出。
3.DOLLY
4.COSMOS 背後、サイド、上部もかな、すべてのスクリーンに中央から外へ放射状に流れてく光源。浮遊感
5.EVANESCENT 雨演出はここからかも。
6.PIANO DUET 背後サイド雨を思わせるきらきらとしたたての模様
7.GET UP (日本語で歌ってたか記憶が・・)
8.VAMPADDICTION  このとき上部のスクリーン使ってHYDEを映してたのだが、歌い始め左腕が横に払われた辺りからもう、なんか、HYDEが人外過ぎるというか・・魔物だった。ここら辺前編のHYDEは特に人に見えなくて、魅入られた。。
9.IT'S SAD
10.SAMSARA 富士急以来引き込まれるサムサラだった。。
11.MY FIRST LAST ともされるたいまつ以外に、背後に並べられた無数のキャンドルのような映像。
12.THE PAST 熱望してたこの曲。客が手拍子する出だしになっちゃったのがあうう。CD聞きすぎて、もっとリズム音を上げて欲しいと思ってしまう。。
<MC> スタンド、アリーナ、とSTOMPの練習させられる。アリーナのSTOP音は特にすごい。
13.HUNTING
14.ANGEL TRIP タオル回し~。JINちゃん頑張ってみてたが、2本のピンクの棒使って何か叩いててとてもタオル投げる余裕があるようにも見えず。あれれ。
15.TROUBLE HYDEお立ち台で腰フリフリ。「声大きいと感じちゃうから小さくして」煽り。
16.EUPHORIA ピンクの照明だったか。パストと一緒に聞け、感激。
17.MIDNIGHT CELEBRATION え。もう、という驚き。
18.KYUKETSU この曲はひたすら狂って踊る

アンコール 
サイドと上部のスクリーンにA1~Z6位まで(?適当)の数字の書いてある升目が映り、それがアンコールの声で消えていく?
STOMPを煽る音。
上部スクリーンに代々木の渋谷側にあるらしきテントが映り、中にソファでくつろぐメンバーの姿が。HYDEはスタッフに配られたどくろのジャンパー、KAZは黒白ボーダーの何かを羽織っている。
みな耳に手を当て、STOMPを聞いてる風。HYDEマイクでしゃべる。電車の音みたいって言ったのかな?メンバー達、通路通って、途中で上着脱ぎ(林さんに渡した様)、HYDE男子トイレに入るふりのおふざけし、ステージへ。
STOMP煽る。
皆がSTOMPしたのをHYDEが「地下鉄?」ととぼけ、また皆STOMPみたいなおふざけ合戦が繰り広げられ。
アリーナは床が鳴るので、かなりSTOMPしがいが。
私も今日だけと力の限りSTOMP

19.REVOLUTION
緑の線でえがかれた人の体が更新してくる映像と共に。
<MC>インタで今年振り返って一番のライブは?と聞かれるが選べない。本当に選べないんだよ。全部いいライブだった。ありがとう。いい夏だった。JU-KENが今日も泣いちゃって(JUーKEN映され泣くまね。この泣きまねが控えめで非常に愛らしい)今年はこれで終わりだけど、また帰ってくるから。
20.MEMORIES スクリーンにメンバー皆が映され。
21.LOVE ADDICT イントロぎりぎりで向かい合うVAMPS二人が映され。ここかな、スクリーンにアーリーどあっぷ
22.SEX BLOOD ROCKN' ROLL  

今日のセトリ、私の聴きたい新曲(パスト、ユーロ、バンパディクション)がすべて入り、
私はようやく自分の満足するセトリが来た!と歓喜。
ただパストはライブバージョンにまだ慣れなくて、喜びつつももっとデジっぽくやって欲しいと思ってるかも。。

歌ってるHYDEの表情を常に観ていたいから、大きい会場では絶対ステージを映すスクリーンが欲しい、と、私は常に思い続けてきた、はず。
が、今日は、HYDEの表情よりも音に絡むステージの演出かっこよさに痺れてしまって、アリーナB2からならなんとか見えるHYDEの佇まいの人外さに見惚れてしまって、ステージを映すスクリーンをいらない、と思った一瞬があった。
あんまりMCしなくていいや、とさえ感じた。

こんなステージを作り上げるHYDEはアーティストなんだな、芸術家なんだな、と思った。

L'7のネペンテスのhydeを思い出した。アレがずっと、な感じ。
お立ち台に横すわりするHYDEが2度ほど魔物に見えた。

目が発光してる演出もあったなあ。。


今日のB&Bライブで記憶が上書きされる前に、と焦って走り書きレポですが、以上。
今日相方にしてくださったNさん(可憐な美しいお嬢さん)に感謝です。

これ書く前の朝4時、HYDEがツイートにつぶやきに来ていた。
今日のBEAUTY&BEASTの、人の頭の上を歩く試みの成功を、ただただ祈る。
HYDEのチャレンジを応援したい。
BEAST達、宜しくお願いします。
06:49 | HYDEライブレポ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

代々木にゃう

チケット取ってなかった代々木土曜日、チケット譲って下さる方を見つけ、きてますf^_^;

Zeppをあれだけ我慢したのに代々木全通とは、と思うけど、やっぱり。

今日が唯一のアリーナなので、ストンプだけは頑張って、後は自由な心で楽しんできます。
16:37 | HYDE | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。